昨日は、「釣った魚にもきちんと餌を与えましょう」という話を
しました。

毎月何もしないのに顧問料だけを請求している人にとっては、
耳が痛い話だったかもしれませんね。

「このままではマズイな・・・」

そのように感じた人は、今からでも遅くはありません。
毎月の顧問料に見合った「価値」を届けるようにして下さい。

このような話をすると、社労士の専門分野で何かしなければ
ならないと考えてしまう人が多いのですが、

 「どうしたら顧客の役に立つことができるだろう?」

 「何をすれば喜んでもらえるだろう?」

という「顧客視点」で考えれば、色々とアイデアが浮かんでくる
はずです。

たとえば、顧問先が飲食店であれば、友人・知人を誘ってそこで
食事をする。

そうすれば、その人たちがリピーターとしてまたお店を使って
くれる可能性もあります。

あるいは、工務店であれば、リフォームを検討している人を
紹介する。

顧問先に賃貸物件を扱っている不動産会社があれば、そこに紹介を
することで、リフォームの仕事が発生するかもしれません。

その他にも、法人を対象としたビジネスをしている顧問先があれば、
ビジネスマッチング(仕入先や納入先の紹介)のお手伝いをして
あげる。

 なんで社労士がそんなことまでしなければならないんだ!

あなたはそのように感じるかもしれません。

でも、社労士といえども、ビジネスの視点で考えればサービス業と
同じわけです。

 顧客の役に立ってナンボの世界です。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の知り合いの税理士さんで、大変ビジネス上手な方がいます。

その先生は、ご自身の事務所主催で定期的に交流会を開催して
います。

そこで、自分の顧問先同士を引き合わせて、ビジネスマッチングを
しているのです。

このような活動を続けることで、実は顧問先の満足度を向上させ、
契約解除の防止を図っているのです。

顧問先同士が取引をすることになり、お互いに良い関係が続くと、

 「○○先生のお蔭でよい取引先を紹介してもらった」

ということになります。

そうなると、その先生との顧問契約を解除することはできなく
なってしまうのです。

私は、この方法こそが顧問型でビジネスをしている社労士や税理士
事務所の”あるべき姿”だと考えています。

士業だからといって専門知識だけで勝負するのではなく、顧客視点
でサービスを考えれば、ライバル事務所との差別化はいくらでも
できるものです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加