契約を獲得するためには、まずは相手に対して「貢献」をする
ことが大事だという話をしております。

いや、これは顧客開拓をするときだけのことではありません。

ビジネスというのは価値と価値の交換ですから、その本質は
顧客に貢献することであるといっても過言ではないでしょう。

しかし、私たち社労士は「顧問契約」という大変恵まれた契約が
できる立場にありますので、この基本的なことを忘れてしまって
いる人が少なくありません。

毎月数万円の顧問料をお支払いいただいているに拘わらず、
何の価値も提供せずに平然としている人もいます。

まさに、

 釣った魚にはエサをやらない
 ~~~~~~~~~~~~~

とはこのことですね。

そうした人たちは、何かあった時(監督署の調査や労災事故など)
には全力で対応をするので、そのための安心料だとでも思っている
のでしょうね。

それじゃ、ヤクザの「みかじめ料」でしょ。

しかし、そんなのはインターネットが普及する前の「情報格差」が
大きかった頃の話です。

今では大抵のことはネットで調べることができますし、専門家が
無料で相談に乗ってくれるサイトなどもあります。

だから、中小企業が社労士に対して「みかじめ料」を支払う意味が
なくなっているのです。

このような時代の変化を認識できず、いつまでも昔のままの対応
をしていたのでは、顧問契約は遅かれ早かれ解除されてしまう
運命にあるでしょう。

さらに、電子申請やクラウドシステムが普及することによって、
社労士が行う手続業務は激減することが確実ですから、社労士
業界内での競争もどんどん厳しくなってきます。

顧客に対して顧問料に見合った正当な「価値」を提供できていない
事務所は、ライバル事務所に委託替えをされてしまうリスクが
非常に高くなるでしょう。

それだけではありません。

HRテックと呼ばれるクラウドシステムを開発している会社が、
私たちのマーケットをどんどん浸食してきているのです。

それも、かなり速いスピードで。

このような時代にあって、顧問先を確実にグリップしておく
方法というのは一つしかありません。

それは、「釣った魚にもちゃんとエサを与える」ことです。

でも、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

まずは、自分の頭でそのことを考えてみることがスタート地点なの
かもしれません。

 あなたは、釣った魚にエサを与えていますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加