営業活動の本質とは、「顧客の悩みを解決すること」です。

 商品やサービスを一方的に売り込むのではなく、

 顧客の悩みを聞き出し、その解決策の提案をする

それが本当の営業活動です。

困っている人に対して手を差し伸べるのですから、あなたが遠慮
したり卑屈になったりする必要はありません。

たとえ断られたとしても、傷つくこともないのです。

このように考えれば、営業活動に対する恐れも和らぎますので、
楽しく仕事ができるはずです。

だから、もう「売る」ことはやめましょう。

あなたがやるべきことは、「何かお困りのことはありませんか?」
と聞いて回るだけでよいのです。

これが、「メイ・アイ・ヘルプ・ユー作戦」です。

しかし、このような話をすると次のような質問を受けることが
あります。

 「顧客の悩みを聞き出しても、その悩みを自分では
  解決できない場合はどうするんですか?」

なるほど、そうですね。

解決策の提案ができなければ、契約は獲得できませんからね。

でも、あなたが本当に顧客の悩みを解決することにコミットして
いるのであれば、自分の契約のことは問題ではないはずです。

その場合には、あなたに代わって顧客の悩みを解決できる人を
紹介すれば良いのです。

では、あなたの知り合いに解決できる人がいなかったら?

その場合には、知り合いの知り合いを探せばよいのです。
それが、本当の意味で顧客の悩みを解決するということです。

あなた自身が顧客の悩みを解決できる「ノウハウ」を持っている
ことはもちろん大事ですが、時と場合によっては

 「ノウフー(Know Who)=誰を知っているか」

が役に立つこともあるのです。

そのためにも、日頃から良質なネットワーク作りを心がけておく
必要があるのです。

あなたは、自分ひとりですべてを解決しようとしていませんか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加