コンサルティングビジネスを行うためには「ノウハウ」が必要
になります。

ノウハウを手に入れるためには、

 ・自分で開発する

 ・他者から仕入れる

という2つの方法があります。

結論から言えば、「時間」を投資するか「お金」を支払うかの
二者択一ということになります。

コンサルティングビジネスをやるための「仕入れ」だと割り切る
のであれば、セミナーや講座に参加してノウハウを教えてもらう
のもひとつの方法でしょう。

では、その場合の判断基準はどのように考えれば良いのでしょうか?

たとえば、「100万円の講座」と聞くと多くの人が「高い」と感じる
と思います。

でも、その講座を受講することで「1000万円の売上が確実にあがる」
としたらどうでしょう?

おそらく殆どの人が受講するはずです。

その一方で、たとえ1万円の講座だったとしても、まったく成果が
出ないのであれば「高い」ということになるかもしれません。

 安物買いのゼニ失い

なんて言葉もありますからね。

個人的なことではありますが、私は講座やセミナーに参加する際に、
次の2つの判断基準を持っています。

 ・どの位の期間で投資額が回収できるか?

 ・最終的なリターンがどれ位得られるのか?

実は、先日もある高額講座(受講料500万円)に「投資」をしました。

金額だけを聞くと驚かれると思いますが、私は1~2年で投資額が
回収できると判断して参加を決めました。

長期的に考えれば、投資額の10倍以上は必ず回収できると考えて
います。

誤解をしていただきたくないのですが、私がお伝えしたいことは
「高額の講座に参加しましょう」ということではありません。

ノウハウを仕入れるのであれば、明確な判断基準を持ちましょう
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

残念ながら、私から見ていると「回収の見込みのない投資」を
している人がたくさんいるように思います。

それは「投資」ではなく「浪費」です。

たとえば、こちらの講座。

 社長の年金アドバイザー養成講座
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/1441

この講座では、「社長の年金調査報告書」を作成するための
ノウハウとツールをすべてご提供しています。

この報告書は、年金調査の依頼を受けたシニア経営者から
5万円をいただいている「商品」です。

講座の受講料は5万円ですから、受講後に年金調査の依頼を
1件でも受注できればすぐに投資額を回収できます。

回収期間は、1~2ヵ月だと思います。

少なくても年間5~6件の受注はできるはずですし、中長期的に
みればトータルで50~60件の依頼を受けることになるでしょう。

それ以外にも、顧問契約の獲得などにつながる可能性も高い
という副次的なメリットもあります。、

このように考えると、抜群の費用対効果だと自負しています。

ただいま、6月講座の受付を行っております。

 社長の年金アドバイザー養成講座
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/2441

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加