コンサルティングとは、決められた期限内に約束した成果を出す
ことです。

成果に対する結果責任を負いますので、高額な報酬を得ることが
できるのです。

そのため、コンサルビジネスを行うためには「ノウハウ」が必要
になります。

実は、自分では気づいていないかもしれませんが、あなたは
すでにノウハウを持っているのです。

たとえば、あなたが助成金のビジネスをやっていたとします。
あなたには、どのようなノウハウがあるでしょうか?

助成金を受給するためには、以下のような手順で作業を進める
必要があります。

 ■計画書を作成して届出をする

 ■求められている施策を導入する(就業規則の変更等)

 ■対象者の労務管理をする(たとえば6ヵ月間)

 ■支給申請に必要となる添付書類を揃える

 ■期限内に支給申請をする

これが「ノウハウ」です。

計画書の届出をする前に施策を実施してしまうと、助成金を
受給することができませんからね。

私たち専門家にとっては当たり前のことかもしれませんが、
一般企業はこのような知識は持っていません。

では、あなたはこの「ノウハウ」をどのように手に入れた
でしょうか?

もちろん、書籍などを読んで「自分で勉強した」という人もいる
と思います。

一方、有料のセミナーに参加して「教えてもらった」という人も
多いのではないでしょうか?

つまり、ノウハウを入手するためには、

 ・自分で開発する

 ・他者から教えてもらう(仕入れる)

のどちらかしかないのです。

「自分で開発する」場合には、かなりの時間と労力が必要となる
でしょう。

「他者から教えてもらう」場合には、セミナーや講座に参加する
ことになるのでお金が必要になります。

どちらの方法が良いということはありませんが、確実に言える
ことは

 ノウハウがなければコンサルビジネスはできない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

さて、あなたはどちらの方法でノウハウを手に入れますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加