先週金曜日のメルマガで、ビジネスにはタイミグが大事である
ということをお伝えしました。

たとえば、今だったら「ハラスメント」をテーマにセミナーを
開催すれば集客ができる可能性が高いというお話でしたね。

では、質問です。

あのメルマガを読んで、何らかのアクションをした人はどの位
いるでしょうか?

たとえば、「ハラスメント対策セミナー」を企画して会場の
予約をした人はいますか?

あるいは、セミナー案内をFAXDMで送った人はいますか?

たぶん、いないのではないでしょうか?

これが「成功者は5%しかいない」と言われる理由なのです。

有力な情報やノウハウを得たとしても、実際に行動する人は
全体の20%位です。

そして、行動した人の中で成果を出す人も20%位なのです。

 全体の20%の20%=4%

だから、成功者は全体の5%位というわけです。

当たり前のことですが、成功するためには行動しなければ
なりません。

それも、できるだけ速く。
つまり、「スピード感」が求められるのです。

上記の例でいえば、ハラスメントセミナーをいずれ開催するの
だったら、「今すぐ」やるべきです。

その理由は、1か月後にハラスメントセミナーを開催しても、
タイミングを逸してしまう可能性があるからです。

そして、スピード感を持って仕事をするためには、事前の準備が
不可欠です。

たとえば、これから働き方改革関連法案が成立するのは確実です。

だとしたら、法案が成立したらすぐに「労働時間改善セミナー」を
開催するための準備をしておくことができるはずです。

法案が成立してから準備をするのでは遅いのです。

もちろん、法案が成立しない可能性もあります。
その場合には、準備したことが無駄になってしまいます。

しかし、その程度のリスクは背負わなければなりません。
リスクのないところに、チャンスはありませんからね。

繰り返しになりますが、ビジネスにはスピードが大事です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加