ただいま、コンサルビジネスの「4つのノウハウ」について
お伝えしております。

第一のノウハウは、「手段」に関するノウハウ。
つまり、コンサルティングのやり方でした。

第二のノウハウは、「商談プロセスの設計」ノウハウ。

こちらは、顧客の現状を把握するためにヒアリングして、
顧客と問題を共有するというノウハウでした。

そのためには、「診断ツール」などが必要になります。

 *こちらのセミナーでは、ハラスメント対策の診断ツールを
  プレゼントしています。

  働き方改革をテーマに高単価コンサルメニューを作る方法
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/4271

本日は第三のノウハウについてお伝えします。

それは、「提案・契約」に関するノウハウです。

これは別の言い方をすると、

 「どのような内容や金額で契約するのか?」

 「最終的にどのように決断を迫るのか?」

ということです。

特に、「金額」をどのように決めるのかについては多くの人が
悩んでいるみたいです。

なぜなら、

 コンサルサービスとういうのは「原価が0円」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからです。

もちろん、作業工数などの労力を金額に換算をすることは
できますが、原材料などの仕入れはありません。

そのため、

 自分の報酬を必要以上に安くしてしまっている人
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

がたくさんいるのです。

あるいは、「世間相場」といった呪縛に囚われてしまって、

 コンサル報酬というのは、これ位が相場だろう・・・

といって妥協をしてしまっている人も多いようです。

しかし、これは大変もったいないことです。

本当は100万円もらえるサービスなのに、30万円しか請求できて
いないとしたら・・・。

 考えただけでゾッとしますね。

この違いは、「あること」を知っているかどうかだけなのに。

こちらのセミナーでは、コンサルティング報酬の正しい決め方
についてもお伝えしたいと思っています。

 東京、大阪、仙台、名古屋、福岡の5都市で開催!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 働き方改革をテーマに高単価コンサルメニューを作る方法
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/5271

残席、本当にわずかになってきています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加