顧客単価をアップさせるためには、商品やサービスの付加価値を
高める必要があります。

たとえば、通常の顧問契約に「あなただから提供できる価値」を
付加することができれば、顧問料の単価が高くなります。

それは、競合がいなくなるからです。

同じような「価値」を提供できる競合がなければ、比較の対象が
ありませんので、値引きをする必要がありません。

大事なことなので、もう一度言います。

競合がいない商品・サービスは値引きをする必要がないのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だって、目の前のあなたを逃したら、相手はその「価値」を
手に入れることができなくなってしまうわけですから

 契約するのか、契約しないのか?

の二者択一を迫っても全然構わないのです。

 あなたと契約すれば「価値」を手に入れることができる。
 契約しなければ「価値」を手に入れることができない。

 *「価値」とは問題解決や願望実現のことです

それだけの話です。とてもシンプルです。

そこには、価格交渉という「第3の選択肢」は存在しません。
繰り返しになりますが、価格交渉は絶対にしないで下さいね。

ビジネスにおいては、このような状況を作ることが大事です。

反対に、どこに頼んでも同じような商品・サービスの場合は、
比較する対象があるわけですから

 価格で差別化する

しかなくなってしまいます。

社労士の「顧問契約」や「給与計算サービス」はこれに該当する
ケースが多いので注意が必要ですね。

 しかし、価格で差別化するのは最悪の戦略です。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひとり事務所を経営している方は、絶対にやってはいけません。

そうならないためにも、「あなただから提供できる価値」を
見つけて、競合との差別化を図って下さい。

そろそろ不毛な価格競争とはサヨナラしませんか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加