昨日は、あなたの事務所の単価アップをするための考え方として

 バリュープロポジション戦略

についてお伝えをしました。

同じ商品やサービスであっても、「売る場所」や「売り方」を
変えることによって、10倍以上の価格で販売することができる
という話でした。

この考え方を社労士事務所の経営に取り入れるとすると、

 顧問契約+【あなただから提供できる付加価値】
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で単価アップを図るということになります。

この【あなただから提供できる付加価値】というのも、
難しく考えることはありません。

それは誰にでもあるものだからです。

これまでの人生を振り返れば、あなたには提供できるモノが
たくさんあるはずです。

たとえば、私の場合、社労士で開業する前は完全歩合制で働く
生命保険の営業マンでした。

ですから、私は普通の社労士よりも生命保険には詳しいです。

優秀な保険営業マンの知り合いもたくさんいます。
保険会社で学んだ「科学的な営業手法」も知っています。

これらはすべて「私だから提供できる価値」なのです。

もちろん、世の中には私より生命保険に詳しい人はたくさん
います。

営業手法についても、私よりも遥かに大きな実績をあげていて、
それを教えている人も多いでしょう。

でも、

 「生命保険に詳しい社労士」や「営業指導ができる社労士」

は少ないはずです。

つまり、あなたが持っている知識や経験に社労士資格をプラス
するだけで

 あなただから提供できる価値

を作り出せるということです。

もちろん、そうして組み合わせた価値が顧客にとって役に立つ
ものでなければなりません。

いくらカラオケが得意だからといって

 歌って踊れる社労士

と名乗ってみたところで、顧客単価がアップできることは
ないと思いますので、注意して下さいね(笑)。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加