先日、会員さん向けの定例ミーティングで

 社労士事務所の成長モデル
(年商5000万円事務所へのロードマップ)

の話をしました。

そうしたら、開業15年のベテラン先生より

 『コレを15年前に知っていれば、今のような事務所経営は
  していなかったと思います。
  そうしたら、まったく違う社労士人生でした』

という感想をいただきました。

この感想をいただき、私の自信は”確信”へと変わりました。
これからお伝えする話は、それだけの価値があるのです。

それでは、いよいよスタートしましょう!

社労士で開業して、まったくのゼロの状態から年商5000万円を
達成するまでには、以下の5段階のステージがあります。

 第1ステージ 開業準備期間

 第2ステージ 開業~年商500万円

 第3ステージ 年商500~1000万円

 第4ステージ 年商1000~3000万円

 第5ステージ 年商3000~5000万円

そして、それぞれのステージにはクリアすべき課題があります。

1つ1つのステージを着実にクリアしていただくことで、あなたは
最短最速で年商5000万円を実現することができるのです。

たとえるなら、RPG(ロール・プレーイング・ゲーム)のような
ものです。

各ステージには「倒すべき相手」がいて、その相手を倒すためには
トレーニングをしたり「アイテム」を手に入れなければなりません。

主人公(自分)が成長するにつれて、強力な相手が登場してきます。

これがゲームのルールです。

そして、ゲームに勝つためには、ゲームを攻略するためのルールを
知っておく必要があります。

社労士事務所の経営も同じです。

最終的なゴール(あなたの目標)を達成するためには、どのような
ステージがあり、そのステージをクリアするためには何が必要なのか、
を知っておく必要があるのです。

しかし、ほとんどの人はルールを知らずにゲームをしています。

言葉を選ばずに言えば、それは”行き当たりばったりの経営”です。

ゲームに例えるならば、トレーニングをしなくても、アイテムを購入
しなくても、第1ステージは簡単にクリアできます。

もしかしたら、第2ステージもギリギリ大丈夫かもしれません。

しかし、そこから先は絶対に進むことはできません。
ゲームというのは、そのような仕組みになっています。

そこから先のステージに進むためには、第1ステージや第2ステージ
での戦い方を見直さなければならないのです。

なるべくパワーを温存して敵を倒すとか、あらかじめアイテムを
手に入れておくとか。

つまり、より高度なステージをクリアするためには、初期のステージ
から次のステージに進ための戦略を立てておく必要があるのです。

社労士事務所の経営も、これとまったく同じです。

次回からは、各ステージごとの課題やその対策についてお伝えを
したいと思います。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加