これからお伝えするのは、

 社労士として開業して顧客ゼロの状態からスタートして、
 最終的には職員5名の事務所で年商5000万円を実現させる

ためのロードマップ(成長モデル)です。

全部で5段階のステップがあります。

このステップを着実にクリアしていただくことで、あなたは
最短最速で年商5000万円を実現することができるはずです。

このような話をすると、

 『自分は年商5000万円なんて必要ない』
 『職員を雇わずに一人でマイペースで仕事をしたい』

という方もいらっしゃると思います。

でも、そういう人であっても、社労士事務所の経営を考える上で
必ず役に立つ情報をお届けさせていただきます。

ですから、最後までじっくりとお付き合い下さいね。

もちろん、あくまでも一つの”モデル”ですから、成功する
ためのパターンがこれしかないというわけではありません。

でも、誰にでもできて、確実に成長できるモデルとしては
かなり再現性の高いものだと私は確信しています。

社労士の開業セミナーなどでは、

 『開業してすぐに年商2000万円を突破しました!』

なんて威勢のよい話を聞くこともありますが、それは誰にでも
できる方法ではなかったりします。

よくよく話を聞いてみると、

 たまたま助成金バブルに乗ることができた

 特別な人脈やネットワークがあった

 バリバリの営業力があった

といったことが成功要因だったりするのです。

それは、その人だから、あるいはそのタイミングだったから
成功できたのであって、

 誰がやっても、いつやっても、何回やっても
 必ず成功する再現性のある方法

ではないでしょう。

それでは万人に役立つ”モデル”にはなりません。

私がお伝えしたいのは、

 最初にこれをやって

 次にこれをやって

 それからこれをやればいいですよ。

といった具合に、ステップバイステップでやるべきことと
その順番について明確にしたマニュアルのような内容です。

なぜ、このような話をしているのか言いますと、私自身が

 『開業当初にこの話を知っておきたかった』

と本当に後悔をしているからです。

このことがわかるまで、私は20年もかかってしまいました。
試行錯誤をしながら、ようやくたどり着いた感じです。

でも、あなたはそんな遠回りする必要はありません。

これからお伝えすることを愚直に実践していたければ、最短最速で
「あなたが目指すゴール」に到達できることをお約束します。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加