このところ、社労士ビジネスに未来についてお伝えをしています。

誤解をしていただきたくないのですが、私は

 社労士という資格の価値がなくなる

ということが言いたいわけではありません。

まったくその反対で、

 これからは社労士の必要性や存在価値は高くなる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と思っているのです。

しかし、そのためには、世の中の変化に合わせてビジネスの
やり方を変革しなければなりません。

これまで通りに手続業務を中心とした旧態依然とした事務所
経営をしていたのでは、残念ながら社労士ビジネスに未来は
ありません。

そのことは、私がこれまでも繰り返し述べてきました。

これは有名な話ですからあなたもご存知だと思いますが、
かつて隆盛をきわめていたアメリカの鉄道事業がなんで衰退
してしまったのでしょうか?

アメリカの鉄道事業が自動車や飛行機との競争に負けた理由
について、経営学者のセオドア・レビットは、

 「鉄道は自らを輸送事業と考えるのではなく、
  鉄道事業と考えてしまったために、
  自分の顧客を他へ追いやってしまった。

  なぜ、事業の定義を誤ったのかと言うと、
  輸送を目的と考えずに鉄道を目的に考えて
  しまったからだ。

  すなわち、顧客中心ではなく製品中心であった」

と述べています。

これを社労士ビジネスに置き換えて考えてみて下さい。

社労士が自らを書類作成・提出代行者だと考えてしまうと、
自分の顧客を他へ追いやってしまうことになることがわかる
と思います。

書類の作成や提出代行業務はシステムに代替えされてしまう
からです。

では、これからの社労士はどうするべきなのでしょうか?

こちらの勉強会では、そんな話しをしたと思っています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加