今から15年ほど前、私の社労士ビジネスは”どん底”でした。

それまでのビジネスの柱であった助成金ビジネスから撤退を
したことで、事務所の資金繰りが悪化してしまったのです。

それまで毎月100万円以上あった収入が、一気に0円になったから
です。

資金繰りのために使っていたクレジットカードのキャッシング枠も、
限度額(500万円)に達していました。

お金のことで頭が一杯になってしまい、何も考えられない毎日が
続きました。

そんな私が、起死回生のために取り組んだのが、

 退職金コンサルティングビジネス

だったのです。

なぜ退職金コンサルティングビジネスだったのかというと、
もはや顧問契約を積み上げているだけの時間的な余裕がなかった
からです。

そこで苦肉の策で考え出したのが、コンサルビジネスでした。

コンサルビジネスであれば、1件獲得すれば50~100万円の高額な
報酬を得ることができます。

大型の契約であれば、300~500万円の報酬がいただける可能性も
ありました。

そうすれば、助成金ビジネスでの売上の穴を埋めることができる
のではないかと思ったわけです。

 この作戦は見事に的中しました!

でも、これは決して偶然ではありません。

私としては、それなりの勝算があって取り組んだビジネスであり、
はたしてその通りの結果となったのです。

残念ながら、今はもう退職金コンサルで大きく稼ぐことは難しい
でしょう。

しかし、ここで私がお伝えしたいことは、

 最短最速で成果を出すためには、時代の波に乗る
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

当時の退職金コンサルビジネスがうまく行ったのは、「税制適格
退職年金制度の廃止」という”時代の後押し”があったからです。

では、今の時代だったらどうするべきでしょうか?

私だったら間違いなく、「労働時間改善コンサルビジネス」に
取り組みますね。

労働時間改善コンサルビジネスで、どの位の売上をあげることが
できるのかについては、以下のビデオで解説をしております。

 第2回ビデオ:労働時間を改善するための2つの方向性
 http://seminar.zenshuren.net/201801worktime/video.html

来年度以降、助成金バブル崩壊で大きく落ち込んだ売上は、
労働時間改善コンサルティングで埋めるのが正解です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加