昨日は、今から15年ほど前に、私が助成金ビジネスから撤退して
”どん底生活”を経験したことについてお伝えしました。

成功報酬型の助成金ビジネスの場合、仕事が軌道に乗り始めると
毎月安定的に報酬が得られるようになります。

だから、新規の契約をまったく受注しなくなっても、当面の間は
”過去の遺産”によってお金が振り込まれてくるのです。

しかし、そんな生活は長くは続きません。

案の定、”その時”はある日突然にやってきました。

先月までは毎月100万円以上の収入があったのに、今月からは
それが0円になってしまったのです。

 さすがにこれはヤバい!

と思い、そこから売上の巻き返しを図ろうと頑張りました。

しかし、短期間で毎月100万円を超えるような売上をあげることは、
思っている以上に難しいものでした。

そこからは毎月毎月、資金繰りとの戦いです。

カードでキャッシングをして、そのお金で借金を返済するような自転車
操業が続きました。

気がつくと、毎日毎日お金のことばかりを考えるようになっていました。

もうあの頃のような苦労は二度と味わいたくはありません。

なぜ、こんな恥ずかしい話を公開しているのかと言うと、あなたには
私のような苦労をしていただきたくないからです。

今年4月からの助成金ビジネスは、本当に厳しいものになります。

この1~2年の助成金バブルで売上を急増させて、職員を増やすなどして
固定費が膨張してしまっている事務所は、特に注意をして下さいね。

今年の売上は問題ないかもしれませんが、”その日”は必ずやって
きます。

そのためにも、今すぐ対策を打つ必要があるのです。

過払い金請求バブルで、事務所規模を拡大した弁護士事務所は今、
どうなっているかご存知でしょう?

同じようなことが、助成金バブルで規模を拡大した社労士事務所にも
言えるのです。

でも、幸いなことに、私たち社労士には”新たなビジネスチャンス”
が与えられています。

それが、「労働時間改善コンサルビジネス」です。

ぜひ、こちらのビデオをじっくりとご覧下さい。

 第2回ビデオ:労働時間を改善するための2つの方向性
 http://seminar.zenshuren.net/201801worktime/video.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加