年末年始に今後のビジネスについて色々と考えてみました。

私は社労士の皆さんにビジネスコンテンツを提供させていただく
サービスを行っています。

社労士事務所が元気になることで、中小企業が元気になると信じて
いるからです。

でも、”社労士の皆さん”といっても、

 ・これから開業する人、開業したばかりの人

 ・中堅、ベテランの先生

 ・稼ぎたい人、そうでもない人

 ・事務所を拡大したい人、職員を雇わずに1人でやりたい人

 ・男性、女性

 ・若い人、年配の人

といったように、さまざまな方々がいらっしゃいます。

もちろん、私としては皆さんのお役に立ちたいと思っている
のですが、残念ながらそれは難しいことです。

そこで、自分が本当にお役に立てる人は誰なのかということを
真剣に考えてみました。

色々と考えていたら、社労士事務所の経営には以下のような
”5つのステージ”があることに気づいたのです。

便宜上、年商レベルで区分していることをご了承下さい。
それが一番わかりやすいと思ったものですから・・・。

 第1ステージ: 年商0~300万円

 第2ステージ: 年商300~500万円

 第3ステージ: 年商500~1000万円

 第4ステージ: 年商1000~3000万円

 第5ステージ: 年商3000万円以上

このようなステージに分けて考えてみると、各区分ごとの課題が
はっきりと見えてきます。

たとえば、第1ステージでは「顧客獲得」というのが最大の課題
ですよね。

まずは売上をあげなければなりませんから。

また、第2ステージでは「顧客獲得」と同時に「単価アップ」が
課題になります。

単価の安い顧客をたくさん獲得しても、

 「忙しいばかりで全然儲からない」

ということになってしまいますから。

このように、社労士事務所の経営サポートを行うといっても、
その人がどのステージにいるのかによって、お役に立てるポイント
が違ってくるのです。

そして、第1ステージから第3ステージまでと、第4ステージ以降では
決定的に大きく違うことがあったりします。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加