研修講師になりたい、企業研修をやってみたい、と思いながらも、
研修ができない理由の一つに

 『研修のやり方がわからない』

というものがあります。

セミナーを経験したことがある人でも、研修をやるとなると
少し勝手が違うようです。

ところで、『研修のやり方』というのは

 研修の内容=研修プログラム

 教え方=インストラクション技術

の2つに分けて考えることができます。

もちろん、本気で研修講師を目指すのであれば、最終的には
どちらもできなければなりません。

でも、どちらを先に学ぶべきかと言えば、それは

 インストラクション技術の方が優先順位が高い
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということになります。

なぜなら、研修プログラムを開発することができなくても、
講師として現場に立つことはできるからです。

多くの研修会社には、その会社が開発した研修プログラムが
あり、そのプログラムを教える講師の養成を行っています。

たとえば、『新入社員研修』や『管理職研修』などの
標準プログラムと呼ばれるものです。

あるいは、有名なところでは『7つの習慣』などの研修
プログラムもそうですよね。

私がインストラクターを務めていた『マインドマップ』や
『フォトリーディング』の講座(研修)も同じ仕組みです。

つまり、研修講師になるためには、

 ・自分が開発したプログラムを自分で教える

 ・他人が開発したプログラムを自分が教える

という2つのパターンがあるのです。

だから、研修プログラムの開発ができなくても研修講師に
なることはできます。

今回ご案内をしている以下の講座では、私が開発した

 管理職向けのハラスメント研修プログラム
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を皆さんにご提供します。

ですから、あなたは研修プログラムの開発をする必要が
ないのです。

でも、その研修プログラムを使って研修を実施するための
「インストラクション技術」については学んでいただきます。

しかも、この「インストラクション技術」というのは、
今回の講座以外でも活用することができる

 一生もののスキル
 ~~~~~~~~

なのです。

この講座に参加して、あなたも

 研修講師としての”はじめの一歩”
 ~~~~~~~~~~~~~~~

を踏み出して下さい。

 2018年1月12日開催 研修講師養成プログラム
 http://seminar.zenshuren.net/201712kenshukoushi/

研修プログラムが入手できる研修講師養成プログラムを、
この金額で受講できる機会は滅多にないと思います。

どうぞ、このチャンスを逃さないで下さい。
残席もわずかとなっております。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加