昨日は、私が研修講師になったきっけかを

 『プランド・ハップンスタンス理論』

によって説明をさせていただきました。

自分が欲しいもの、なりたい姿をリアルにイメージして、
そこに向かって行動をし続ければ「思わぬ偶然」がやってきて
チャンスを掴むことができる。

 イメージ+行動

が大事だということです。

たとえば、「社労士で開業して成功したい」という人は多いと
思いますが、これだけではイメージが具体的ではありません。

 ・どのような仕事(サービスを提供)をして

 ・どんな顧客を相手にして

 ・いくら位の報酬をいただいて

 ・どのような職員と一緒に(あるいは一人で)仕事をするのか?

ということが明確になっていないからです。

また、イメージができていたとしても事務所から一歩も外に出ずに
待ちの姿勢を続けていては、チャンスが訪れることはないでしょう。

頭でっかちの人のことです。

反対に、願望や目標を明確にせずに、ただ闇雲に行動だけしていても
ムダな動きが多くなってしまい非効率です。

たとえば、安い顧問料でもとりあえず契約をしてしまい、忙しいけど
全然儲からないというのは、そのよい例だと思います。

明確なゴールイメージを持っていないので、戦略も戦術も考えることが
できず、その時々の雰囲気に流されてしまうのです。

繰り返しになりますが、

 イメージと行動を一致させること

これがとても大事なことなのです。

間もなく新しい1年が始まりますが、あなたの来年のイメージは明確に
なっていますか?

そのためには、具体的に何をするのか決めていますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加