これまで公開したオンライン講座では、

助成金に代わる新たなフロントエンド商品を見つけましょう

ということで、ハラスメント対策(認証)のご案内をして
きました。

また、昨日は企業にとってハラスメント対策が求められる理由に
ついてもお伝えをしました。

企業もハラスメント対策を行う”必要性”に迫られているのです。

でも、私があなたにハラスメント対策を勧める本当の理由は
別のところにあります。

それは、2018年に必ずブレイクが確実な”あるビジネス”に
つなげていただくためです。

いったいどんなビジネスだと思いますか?

ズバリ!「労働時間改善コンサルティング」のビジネスです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来年は労働時間関連のビジネスに大きなチャンスがあることは、
あなたも気づいていると思います。

このチャンスを手に入れるためには、今から周到な準備をしておく
必要があるのです。

では、なぜハラスメント対策から労働時間改善ビジネスにつなげる
ことができるのでしょうか?

それは、長時間労働と”パワハラ”には密接な関係があるからです。

詳しい話は講座でお伝えをしますが、

ハラスメントの相談窓口を受託することで取引を開始して、
そこから労働時間改善の提案につなげるようなシナリオ

を作ってあります。

つまり、

フロントエンド商品: ハラスメント対策

バックエンド商品: 労働時間改善コンサル

という設計になっているのです。

これが本当のフロントエンド商品の活用方法です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日開催した『営業プロセス設計講座』にご参加された方なら、
この意味がわかると思います。

しかも、このフロントエンド商品には助成金の活用も組み込んで
あります。

さらに、労働時間改善コンサルからハラスメント対策につなげる
ことも可能になっているのです。

これって、逆フロントエンド商品(笑)?

以上のように、どこからどう転んでも必ず収益があげられるように
緻密なビジネスモデルが設計されているということです。

来年度は助成金ビジネスが大きく後退することが確実です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だとしたら、今から新しいフロントエンド商品を準備しておく
必要があるのではないでしょうか?。

ハラスメント対策コンサルタント認定講座
http://seminar.zenshuren.net/201712harassment/

こちらの講座は、12月10日(日)までの受付となります。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加