靴を販売する営業マン2人が現地調査をしにアフリカへ行きました

現地を見て驚いたのは、アフリカ人には靴を履く習慣がなさそう
なことです。

みんな「裸足」で生活しています。

それを見たひとりの営業マンは、会社の上司にこのように報告
しました。

「アフリカ人は靴を履いていないので市場はありません…」

しかし、もう一人の営業マンは違う報告をしました。

「アフリカ人は誰も靴を履いていないので、市場は無限大です!」

これは、よく営業研修などで使われる事例ですので、ご存知の方も
多いかもしれませんね。

あなたはどちらの営業マンですか?

この事例は営業マンの基本的なマインドである「ポジティブ思考」
を伝えるためのものですが、本当に重要なポイントは

ものごとを違う視点(別の角度)から見る
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということだと思います。

『ハラスメント対策なんて売れない』と思った人は、

「ハラスメント対策そのもの」を売ろうとしている

のではないでしょうか?

『えっ、ハラスメント対策を売るんじゃないの?』

あなたがそう思うのも当然かもしれません。

だって、ハラスメント対策コンサルタント認定講座ですからね。

ハラスメント対策コンサルタント認定講座
http://seminar.zenshuren.net/201712harassment/

でも、私は「ハラスメント対策そのもの」を売ろうとは考えて
いません。

私は

『経営課題の解決策としてのハラスメント対策』

を提案しようと思っているのです。

あなたが考えているように経営者は「ハラスメント対策そのもの」
では悩んでいません。

だから、ハラスメント対策を売り込んでも契約を獲得することは
難しいでしょう。

でも、経営者は次のような問題では悩んでいます。

・社員を募集しても応募が少ない

・社員を採用してもすぐに辞めてしまう

・社内のコミュニケーションが悪い

・会社のブランド力を高めたい

・銀行や取引先などの対外的な信用を高めたい

このような問題では100%悩んでいます。

それを解決するための手段として、ハラスメント対策の
提案をします。

しかも、助成金を活用して実質無料で行う方法ですよ。

これなら興味を示さない経営者はいないと思いませんか?

この話を聞いてピンと来た方は、ぜひご参加下さい。

ハラスメント対策コンサルタント認定講座
http://seminar.zenshuren.net/201712harassment/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加