本日から公開しているオンライン講座では、

フロントエンド商品の”第4の条件”

についてお話をしています。

これまで、

第1の条件 わかりやすい、ニーズが顕在化している

第2の条件 料金が手頃

第3の条件 バックエンドの販売につながる

ということをお伝えをしてきましたが、これはフロントエンド
商品に求められる必要条件です。

でも、残念ながら十分条件ではありません。

私は、本日ご紹介している”第4の条件”が一番重要だと考えて
います。

それはいったい何かと言いますと、コレです。

<フロントエンド商品の”第4の条件”>

★他では手に入らないもの

★ライバルと差別化ができているもの

たとえば、助成金というのは素晴らしいフロントエンド商品ですが、
ここで言う”第4の条件”が満たされていません。

皆さんからのコメントを拝見してもわかる通り、助成金をフロント
エンド商品にしている人がたくさんいるからです。

『あなたのフロントエンド商品は何ですか?』へのコメント
http://startup.zenshuren.net/?p=54

ライバルが多いと顧客に与えるインパクトが弱くなります。

『あ~ぁ、あなたも助成金をやっているんですね』

『私の知り合いの社労士も助成金をやっていますよ』

こんな会話が交わされることも多いと思います。

あるいは、

『この間会った社労士は成功報酬15%でやってくれると言って
いたけど、あなたはいくらでやってくれますか?』

『それよりも安ければ、あなたにお願いしてもいいですよ』

なんて値引き交渉をされてしまったりします。

これが「みんなが扱っている商品」の弱点です。

でも、「まだ誰も扱っていない商品」は違います。
しかも、それが顧客ニーズが高いものだったらどうでしょう?

これをマーケティングの世界では

ブルーオーシャン市場
~~~~~~~~~~

といいます。

今回のオンライン講座では、この”第4の条件”を満たしている
社労士の新しいフロントエンド商品をご紹介しています。

ブルーオーシャン市場へようこそ!
http://startup.zenshuren.net/?p=59

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加