まずは、こちらのビデオを5分22秒あたりからご覧下さい。

顧客開拓のための仕組み作り講座(第2回)
http://startup.zenshuren.net/?p=57

この話は、本当は29日(水)に開催する『営業プロセス設計講座』
でお伝えする内容でしたが、今回のビデオで公開してしまいました。

これはかなり重要なノウハウですよ。

あなたが今よりも高い成果を出したいと思うのであれば、ビジネス
をもっと構造的に捉えなければなりません。

構造的にとらえるというのは、上記のビデオでお話をしているような
”商品ラインナップ”を整備することです。

これは”ビジネスの設計図”と言えるものです。

家を建てるのに設計図が必要なように、ビジネスにおいても設計図が
なければ高い成果を出すことはできないのです。

あなたのビジネスには、この設計図がありますか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

設計図を持っていない人の提案というのは行き当たりばったりなので、
上手く行くこともありますが、上手く行かないこともあります。

つまり、成約率が安定しないということ。

だから、フロントエンド商品として助成金の提案をしても、なかなか
バックエンドの契約が獲得できないのです。

しかし、設計図のあるビジネスは違います。

やるべきことが決まっていますので、成約率も安定しています。

そして、常に営業プロセスの改善をしていますので、商談を重ねる
ごとに成約率が高まってきます。

最終的には、あなたの事務所オリジナルの”営業システム”が完成
するのです。

この営業システムは”ビジネスノウハウ”ですから、

誰がやっても、いつやっても、何回やっても、
必ず同じような成果が出る仕組み

となっています。

あなたの事務所に必要なことは、この営業システムを構築することです。

その営業システムの中で、何をフロントエンド商品にすれば効果的
なのかを考えなければなりません。

つまり、「まずフロントエンド商品ありき」ではなくバックエンド商品
から逆算して考えることが重要なのです。

今回のオンライン講座ではそんな話をしておりますので、ぜひビデオを
ご覧下さい。

顧客開拓のための仕組み作り講座(第2回)
http://startup.zenshuren.net/?p=57

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加