助成金をフロントエンド商品にしながらも、顧問契約などの
バックエンド商品につなげられない人がいます。

そのため、夢と希望を持って社労士で開業したにも拘わらず、

たんなる”助成金屋さん”

に成り下がってしまっている人が後を絶ちません。

本来は顧客開拓のツールであったはずの助成金が、いつの間にか
本業になってしまっている人のことです。

このような人たちの課題は、フロントエンド商品からバックエンド
につなげる方法を知らないということです。

では、フロントエンド商品からバックエンド商品につなげるには、
どうすればよいのでしょうか?

はじめに確認をしておきますが、フロントエンド商品が必要なのは、

顧客にとってわかり難い商品(サービス)

ニーズが顕在化していない商品(サービス)

高額な商品(サービス)

緊急性の高くない商品(サービス)

などの場合です。

したがって、『労基署から是正勧告を受けた』『労働組合から団体
交渉を申し込まれた』などといった緊急性の高い問題を解決する
ための商品やサービスにはフロントエンド商品は必要ありません。

あるいは、『法改正があったので就業規則を変更する』といった
必要性の高い商品やサービスも同様です。

これらの商品やサービスは、基本的にワンステップで販売すべきもの
ですから、わざわざフロントエンド商品を用意する必要はありません
からね。

まずは、あなたの販売する商品(サービス)にフロントエンド商品が
必要かどうかを確認してみて下さい。

あなた本当に売りたり商品やサービスは何ですか?

もし、社長の相談相手のポジションを獲得して高額な顧問契約を
狙うのであれば、『社長の年金相談』は最高のフロントエンド商品
となるでしょう。

◆社長の年金アドバイザー/社長の年金コンサルタント養成講座
http://seminar.zenshuren.net/201710shachou/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加