社労士の顧問契約のような”商品”は、顧客から見るとサービス
内容がわかりにくいために、契約を獲得するのが難しい商品の
ひとつです。

『私と顧問契約をしませんか?』

『それいいですね。ぜひお願いします』

とはならない商品なのです。

このような商品を販売する場合には、一般に『2ステップ営業』が
効果的だと言われています。

『2ステップ営業』というのは、文字通り営業プロセスを2段階に
分けて顧客にアプローチする方法です。

最初に『少額な商品』を購入してもらい、次に『メイン商品』を
提案します。

そうすることで、顧客の心理的なハードルを下げることができ、
メイン商品を導入してもらえる確率が高くなるのです。

この時に、最初に購入してもらう少額な商品のことを

フロントエンド商品

といいます。

社労士業界のフロントエンド商品としては、『助成金』がわかり
やすい例ですね。

実際に、助成金を顧客開拓のツールとして活用している人は非常に
多いと思います。

しかし、このフロントエンド商品について、本当に正しく理解を
している人が少ないのです。

昨日もお伝えしましたが、フロントエンド商品の目的(役割)という
のは、あくまでもバックエンド商品の販売につなげることです。

このゴールが達成できなければ、それはフロントエンド商品とは
言えません。

たとえば、顧問契約(バックエンド商品)を獲得するために助成金を
フロントエンド商品にしているのであれば、

助成金を受託した顧客から顧問契約が獲得できているか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということが重要なポイントになります。

一生懸命に助成金の提案をしていても、まったく顧問契約につながら
ないのであれば、

あなたの助成金はフロントエンド商品になっていない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということになってしまいます。

誤解をしないでいただきたいのですが、助成金の申請手続そのものを
ビジネスモデルにするのであれば、それはそれで全然OKです。

その場合は、助成金はフロントエンド商品ではありませんから。

しかし、助成金をフロントエンド商品として位置づけているのに、
バックエンド商品である顧問契約が獲得できていないとしたら、
それは大きな問題だと言わざるをえません。

あなたの助成金はフロンドエンド商品として機能していますか?

さて、こちらは「社長の年金」をフロントエンド商品として展開
する新しいビジネスモデルです。

年金はフロントエンド商品ですから、当然バックエンド商品は
別にあります。

それも、かなり強力なバックエンド商品を用意してありますよ。

◆社長の年金アドバイザー/社長の年金コンサルタント養成講座
http://seminar.zenshuren.net/201710shachou/

残念ながら、大阪会場は本日で受付終了です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加