これまで、「社長の年金ビジネス」について市場規模と顧客ニーズ
という2つの視点からご説明をしてきました。

結論から言いますと、

市場規模が大きく顧客もニーズ高い
それなのにライバルが圧倒的に少ない

という本当においしいビジネスなのです。

しかし、ここまで読まれたあなたは

『年金相談で本当にお金が稼げるのだろうか?』

という疑問を持たれていると思います。

ビジネスの戦略というのは、表からは見えませんからね。

本当はあまり話をしたくないのですが、「社長の年金ビジネス」で
あなたが手に入れることができる最終的な果実は

月額5万円以上の高額顧問契約

になります。

しかも、この顧問契約は社長にとって特別な契約ですから、長期に
わたってずっと継続することになります。

月額5万円の契約ですから年間60万円。
その契約が5年間継続すれば300万円です。

もちろん、これは最終ゴールですから、年金相談だけではここまでの
契約にはなりません。

だから、「本当の商品」というのは別にあります。

しかし、そこに持っていくための入口として年金相談は必要不可欠な
ステップなのです。

マーケティング用語では、これを「フロントエンド商品」と呼びます。

フロントエンド商品とは、あくまでも顧客との接点を持つためのもので、
本当に提案すべき商品(バックエンド商品)は別にあります。

では、なぜフロントエンド商品があるのかというと、いきなりバック
エンド商品を提案をしても契約を獲得することが難しいからです。

まずはフロントエンド商品で顧客の心理的なハードルを下げておき
そして信頼関係を構築してから、次のステップでバックエンド商品を
提案するのです。

これを「2ステップ営業」といいます。

この仕組みが分かると、私たちがなぜ「社長の年金相談」をしているの
かということが理解できるはずです。

私の開発したノウハウを活用すれば、社員5名程度の小さな会社からでも、
月額5万円以上の顧問契約を獲得することができます。

手続業務は一切することはありませんから、業務効率は抜群です。

そんな契約を10件も獲得すれば、毎月50万円の安定収入を得ることが
できるでしょう。

イヤな顧客とは付き合う必要もありませんから、余裕を持って楽しく
仕事ができるようになります。

社長から感謝されながら、高額な報酬をいただくことができる
夢のようなビジネスを、私たちと一緒にやりませんか?

◆社長の年金アドバイザー/社長の年金コンサルタント養成講座
http://seminar.zenshuren.net/201710shachou/

大阪会場は、間もなく受付終了となります。

<只今ご案内中の企画>

______________________________________________________________

社長の年金アドバイザー/社長の年金コンサルタント養成講座
http://seminar.zenshuren.net/201710shachou/
______________________________________________________________

社長の年金相談実績日本一の奥野先生と、5月31日に

一般社団法人 社長の年金コンサルタント協会
http://shachou-nenkin.org/

を設立しました。

この協会では、社長に対して正しい年金情報を提供できる人材の
育成を行います。第1弾の講座を以下の通り開催します。

<社長の年金アドバイザー養成講座>

大阪会場:10月7日(土)10:00~17:00
東京会場:10月21日(土)10:00~17:00

<社長の年金コンサルタント養成講座

大阪会場:10月8日(日)10:00~17:00
東京会場:10月22日(日)10:00~17:00

詳細につきましては、こちらをご覧下さい。
http://seminar.zenshuren.net/201710shachou/

______________________________________________________________

賃金コンサル&助成金の基本が同時に学べる
人事評価改善等助成金パーフェクトマスター講座
http://seminar.zenshuren.net/201710jinji/
______________________________________________________________

この助成金を活用するためには、賃金制度や人事制度に関する
知識が必須となります。

そこで、上記の講座では賃金制度・人事制度の基礎知識と、
助成金の申請方法をセットにしてご提供します。

・賃金テーブルの作り方
・昇給の実務
・評価制度の設計方法

などについて具体的にお伝えします。

賃金テーブルが自動的に作成できるツール(ソフト)もご提供
する予定です。

詳細につきましては、こちらをご覧下さい。
http://seminar.zenshuren.net/201710jinji/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加