■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

大きな需要 + ライバルが少ない市場 = 成功確率大

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ビジネスの世界では、『こうすれば100%成功する』というような
魔法のノウハウはありません。

同じノウハウであっても、使う人が違ったり、状況が異なれば
当然結果が変わってしまうからです。

しかし、『成功の確率を高くするための鉄則』みたいなものは
あります。

そのうちの一つが、

『大きな市場があるのにライバルが少ない市場を狙う』

というものです。

つまり、需要 > 供給 の状態になっている市場でビジネスを
するということです。

しかし、需要が供給を上回っていたとしても、ニッチな市場では
ダメなのです。

ある程度の市場規模がなければ、ビジネスとして成功する確率は
低くなってしまいます。

では、「社長の年金」という市場はどうでしょうか?

ある調査データによると、

・業種全体で社長の51.9%が60歳以上(年金受給世代)

・社長の平均年齢は59.3歳

・中小企業経営者の年齢のピークは66歳

・小規模企業経営者の引退年齢は70.5歳

となっています。

さらに、後継者がいない等の理由から団塊世代の社長交代が
進んでいない現状を考えると、今後は70歳以上の社長が増える
ことが予想されます。

ざっくりとした計算ですが、中小企業の数は380万社と言われて
いますので、60歳以上の社長は190万人いると推測されます。

つまり、全国190万社を対象としたビジネスなのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、これからも毎年100万人以上の年金受給者が発生しますので、
そのうち社長が数万人はいると考えられます。

だから、市場はこれからも伸びて行くビジネスです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかも、この市場を狙っているライバルは誰もいない。

これだけの好条件が揃っているビジネスは、滅多にないでしょう。

もちろん、ビジネスですから『絶対』はありません。

しかし、『かなりの確率で成功する可能性がある』ことはご理解
いただけると思います。

大事なことは、

どのような仕掛け(エサ)で魚を釣るのかということよりも
どこに釣り糸を垂れるか?

ということです。

本日の話を聞いてピンと来た方は、ぜひ講座にご参加下さい。

◆社長の年金アドバイザー/社長の年金コンサルタント養成講座
http://seminar.zenshuren.net/201710shachou/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加