■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

社長の年金が特別である理由 その4

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

このところ、「社長の年金は特別である」ということについて
お話をしております。

これまでは

・社長の報酬はいつでも変更できるわけではない

・複数の会社から報酬を受けているケースが多い

ということについてお伝えをしてきました。

もちろん、「社長の年金が特別である」理由はまだまだあります。

たとえば、社長というのは

65歳を過ぎても高額の報酬で働き続ける人が多い
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのもその一つです。

しかし、世の中にある「年金情報」というのは、60歳で定年退職
して、その後は嘱託のような身分で65歳まで継続雇用をされる人
を対象にしているものばかりです。

65歳以降も高額な報酬を得る人(つまり社長)のことは想定して
いません。

つまり、「65歳以降の年金の受給」について具体的な方法を教えて
くれる情報がまったくないのです。

だから、社長が年金に関して誤解をしたり、勘違いをしてしまう
のだと思います。

一番多い勘違いは、老齢厚生年金の「繰り下げ」について。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

65歳以上で老齢厚生年金を受給できるようになっても、高額な報酬
を得ているために年金が全額支給停止されている社長というのは、
全国にたくさんいらっしゃいます。

この年代の社長のほとんどの人が、

× 65歳以降支給停止されている老齢厚生年金は
70歳になったらまとめて貰える

× 自分は「繰り下げ」をしているので、70歳以降は
年金が増額して貰える

という勘違いをしているのです。

しかし、そもそも全額支給停止されている老齢厚生年金は、
たとえ「繰り下げ」をしたとしても増額されることはありません。

65歳以降で老齢厚生年金が全額支給停止になるような人は、
一般的なサラリーマンにはいませんから、社長にはこのような
情報が届いていないのです。

以前に69歳のある社長さんにこの話をしたら、大変なショックを
受けていらっしゃいました。

そして、残念そうにこう呟いたのです。

『もっと早く年金のことを知っておくべきだった・・・』

私たちは、年金のことで不幸になる社長を一人でも減らしたいと
いう願いを込めて、以下の講座を開催しています。

◆社長の年金アドバイザー/社長の年金コンサルタント養成講座
http://seminar.zenshuren.net/201710shachou/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加