世の中が大きく変化している中で、

あなたの事務所も変わらなくちゃっ!

という話をしました。

ダーウィンの進化論ではありませんが、大きなもの、強いものが
生き残るのではなく

変化に対応したものだけが生き残る
~~~~~~~~~~~~~~~~

ことは、過去の歴史が証明しています。

これだけ変化の激しい時代にあっては、

現状維持=退化
~~~~~~~

ともいえるでしょう。

では、これからの社労士事務所の経営はどのような方向で考えれば
よいのでしょうか?

私は、社労士事務所の方向性として”2つの軸”があると考えて
います。

1つは、”実務の軸”です。
~~~~~~~~~~~~~

これは給与計算+手続業務をベースにして、そこにオプション
サービスを付加することで、高額顧問契約を獲得する戦略です。

オーソドックな方法ではありますが、とても堅実な方法です。

給与データを活用することで、

就業規則、賃金コンサル、労働時間改善コンサル、労務相談、
働き方改革コンサル、助成金顧問

などのビジネスに発展させることができます。

こちらの方向で事務所戦略を考える場合には、自分が提供する
サービス(実務)の全体像を体系化しておくことが重要になります。

そのために、私が考えたのが”人事決算書”というコンセプトです。

次に2つ目ですが、こちらは”経営の軸”になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

社労士だからといって、社会保険、労働保険、人事・労務のサービス
しか提供してはいけないということはありません。

そこを起点にしながらも、経営者の相談相手になるようなポジション
を獲得する方法です。

たとえば、決算書を分析して、総額人件費や労働分配率などの指標
をもとに、収益を改善させるアドバイスをする。

社員を成長させて、会社の売上向上、業績アップの支援をする。

プライベートなことも含めて、社長の悩みの相談に乗る。

このようなポジションを取ることで、顧問単価をアップさせるのも
アリだと思っています。

イメージとしては50人以上の会社は前者、20名以下の会社は後者の
戦略になる感じですね。

じゃあ、20~50名規模の会社はどうするのかって?

それは、ケース・バイ・ケースですから、事務所の経営者である
あなたが決めることです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加