■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

米国トイザラスが経営破綻した理由

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

新聞報道によると、玩具販売大手のトイザラス社が連邦破産法
(日本の民事再生法に相当)の適用を申請して経営破綻する
可能性が高いとのこと。

かつては高い知名度を誇った老舗小売業の苦境が鮮明になって
います。

背景にあるのは、インターネットの普及です。

消費者を直接呼び込むネット通販、アマゾンの存在が小売業の
ビジネスモデルを大きく変えてしまったのです。

流通の仕組みや消費者の意識が変わり、

『ネットで買えるものはできるだけネットで』

という動きがが一気に加速しているようです。

玩具(おもちゃ)だけではありません。
衣料品もアマゾン(ネット通販)の得意分野です。

今やアマゾンは『米国最大の衣料品販売店』になっているようです。

衣料品大手のギャップも、「GAP」と「バナナリパブリック」の
約200店舗を閉鎖するとのこと。

消費者が低価格で便利なネット通販に流れるという動きは、
もはや止めることはできないでしょう。

つまり、インターネットというテクノロジーの発達が、小売業という
ビジネスモデルそのものを崩壊させてしまったのです。

かつて参入障壁の象徴とされた日本の大規模小売店舗法(大店法)
風穴を開けた米トイザラス社も、ネット通販という新たな流通網の
波に飲まれようとしています。

私たちは、このことを”他山の石”としなければなりません。

近い将来、労働・社会保険関連の手続は確実に自動化されることに
なるでしょう。

その兆候は、今すでに表れています。

一般的な労務相談なども、ネットで検索すればすぐに回答を得る
ことができる時代です。

そうなった時に、あなたは社労士として、顧客に対してどのような
”価値”を提供できるでしょうか?

そろろそ次のビジネスモデルを真剣に考える時期だと思います。

私がお勧めしているのが、給与データを活用したコンサルティング
サービスです。

◆給与データ活用講座
~「人事決算書」で給与計算サービスを差別化する方法~
http://seminar.zenshuren.net/201708kyuuyo/data/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加