■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

これからの社労士ビジネスの”センターピン”とは?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ビジネスのセンターピンとは、ボーリングと同じように、

『ここを外したら上手く行かないポイント』

のことです。

私はこれからの社労士ビジネスの”センターピン”は、間違いなく
給与計算業務だと考えております。

つまり、社労士ビジネスでボーリングのヘッドピンに当たるのが、
給与計算業務だということです。

だから私は、大げさでも何でもなく

給与計算を制する者が社労士ビジネスを制する
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と本気で考えています。

なぜ、それほどまでに給与計算業務が大事なのでしょうか?

それは、給与計算業務を受託すれば、

・人事データ(生年月日、入社年月日、住所、家族情報など)

・勤怠データ

・給与データ

のすべてを入手することができるからです。

この3つのデータは、別の表現をすれば

・人事データ=労働者名簿

・勤怠データ=出勤簿

・給与データ=賃金台帳

ということになります。

つまり、労働三帳簿です。

労働三帳簿を確認すれば、その会社の労務管理の状態が概ね
把握することができるのです。

たとえば、勤怠データを分析すれば、労働時間管理に関する
問題点が見えてきます。

生年月日や入社年月日のデータからは、平均年齢や勤続年数
の傾向がわかります。

そのデータと賃金のデータを組み合わせれば、モデル賃金表
などを作成することもできます。

このようにデータを加工・分析することによって、その会社
の特徴や労務管理上の問題点を発見することができるのです。

だから、給与計算業務を受託することが重要なのです。

昨日のメルマガでもお伝えしましたが、今後はHRテックが
普及することによって、定型業務はすべて自動化・機械化・
IT化されてしまう運命にあります。

給与計算業務や手続業務というのは、まさにその対象となる
仕事でしょう。

そうなった場合、私たちは社労士としてどこでビジネスを
すればよいのでしょうか?

これに対して私が出した答えが、

給与データを活用したコンサルティングビジネス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

これからの社労士の仕事は、データ管理・データ活用に
なるでしょう。

そのために、給与計算業務を握る必要があるのです。

給与計算を制する者が社労士ビジネスを制する!

この考え方に共感していただける方は、ぜひこちらの
講座にご参加下さい。

給与データ活用講座
http://seminar.zenshuren.net/201708kyuuyo/data/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加