■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

もし、名刺交換1枚につき2万円貰えるとしたら・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日は『3Kの法則』を使った法人顧客開拓のフローについて
お伝えしました。

あなたがやるべきことは、以下のことだけです。

『名刺交換をする』

『継続発信をする』

『セミナーの案内をする』

『セミナーを開催する(高質接触)』

『個別対応をする』

『提案をする』

『継続発信』『高質接触』『個別対応』という3つの要素を
組み込むことで、成約率がグンと高まるはずです。

たとえば、100名に対して継続発信をすれば5~10名を集客
することができるでしょう。

10名のうち個別商談に進む確率が50%だとすれば、3~5件程度の
提案をすることができます。

そのうち50%が制約すれば、1~3件の契約獲得となります。

ということは、100件の見込客に対して平均2件の契約が獲得できる
ということです。

獲得した契約が月額3万円の顧問契約であれば、年間36万円×2件で
72万円の売上獲得になります。

つまり、100枚の名刺に継続発信をすれば72万円の売上があがる
という方程式が成り立ちます。

実際にはもっと細かく営業プロセスを設計する必要がありますが、
インプット(投入した労力)とアウトプット(成果)との関係を
数値化するという考え方をお伝えしています。

顧問契約というのは、平均3年位は継続しますから、上記の売上は
本当は200万円以上に該当するのです。

ということは、

名刺1枚の価値は200万円÷100枚=2万円

ということになります。

別の言い方をすれば、

あなたは名刺交換をするたびに2万円を得ている
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と考えることもできるでしょう。

だとしたら、名刺交換も楽しくなりませんか?

このように、ビジネスはゲーム感覚で楽しくやりたいものですね。

そのために、このようなシステムを開発しました。

助成金コンテンツ配信システム(ご紹介サイト)
http://seminar.zenshuren.net/joseikin_sys_sr/

こちらのページでデモをご覧いただくことができます。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加