■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

引き出しの中で眠っている名刺を活用して契約を獲得する方法

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日は、法人顧客開拓における『3Kの法則』についてお伝えを
しました。

ステップ1 信頼関係を構築するための『継続発信』

ステップ2 セミナー営業で『高質接触』

ステップ3 その後、対面の商談で『個別対応』

ところで、あなたはこれまで何人と名刺交換をしましたか?

少ない人でも100名位の名刺は持っているはずでしょう。

これから、その100名の人たちに対して『継続発信』をしてみて
下さい。

相手にとって役立つ情報を、メールなどで定期的・継続的に
届けることを3カ月~6ヵ月間、集中して行うのです。

そして、その期間が経過した後に、その人たちに対して自主開催
セミナーの案内を出してみて下さい。

そうすれば、100人のうち5~10人位は集まってくれる可能性が
あるでしょう。

もし集まりが悪いようだったら、個別メールや電話でフォローを
するとよいでしょう。

名刺交換をした人であれば、直接連絡をしても問題ありません。

しかも、こちらは定期的に役立つ情報を提供しているのですから、
相手はあなたに対して『借り』があるように感じているのです。

そんなあなたから直接セミナーの案内があれば、参加しないわけ
には行きません。

だから、5名位ならセミナーに集客することは簡単なのです。

FAXDMで自主開催セミナーに5名集めようとすると、10,000通以上は
配信しなければなりませんが、面識のある人であれば100通のメール
で集めることができるわけです。

その効果は100倍です! これが継続発信の威力なのです。

そして、セミナーで『高質接触』をすることで、あなたのサービス
の必要性を十分に伝えて、ニード喚起を行ってみて下さい。

さらに、セミナー参加者には無料診断や無料相談の提案をして、
『個別対応』を行います。

そうすれば、1~2件の契約が獲得できるはずです。

これが『3Kの法則』を活用した顧客開拓の方法です。

あなたがやるべきことは、とてもシンプルです。

『名刺交換をする』

『継続発信をする』

『セミナーの案内をする』

『セミナーを開催する』

『個別対応をする』

『提案をする』

このような『仕組み』ができれば、あとはそれを繰り返すだけで
顧客開拓を自動化することができるのです。

そして、それを実現させることができるシステムがこちら。

◆助成金コンテンツ配信システムを活用して
助成金顧問契約を獲得する方法(無料セミナー)
http://academy.zenshuren.net/201708joseikin/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加