日曜日に開催した【給与計算アドバンス講座】で驚くべき事態が
発生しました。

それは、受講された方の顧問料を大幅に値上げできることがわかった
ということです。

講座でご提供している『秘密のツール』を使って、現在の顧問料の
試算をしていただいたら、(社員30名の会社です)

現状では545,000円(年間)である顧問料が
試算では1,071,500円(年間)になることがわかったのです!

つまり、現状の顧問料が安すぎるということですね。

その方に対しては、これから顧問先に値上げ交渉をするように
お伝えしました。

もちろん、どのように交渉するのかというやり方のアドバイスも
させていただきました。

この事例からもおわかりの通り、社労士事務所の顧問料や給与計算
の料金というのは、かなりテキトーに決められています。

その理由は、価格の決め方を知らないからです。

もし、現在の顧問料を1社あたり平均5000円でも値上げすることが
できれば、月額5~10万円の収益アップが図れるはずです。

これだけで新規の顧問契約を2~3件獲得したのと同じ効果が
得られるのです。

値上げ交渉をして、仮に値上げできなかったとしても、あなたが
失うものは何もありません。

あなたも、そろそろ社労士事務所の経営をビジネスとして考えて
みませんか?

◆本当は儲かる!給与計算ビジネス講座
社員20名の会社から月額10万円の顧問契約を獲得する方法
http://seminar.zenshuren.net/201708kyuuyo/

ところで、昨日はこちらのセミナー&説明会を開催しました。

◆助成金コンテンツ配信システムを活用して
助成金顧問契約を獲得する方法(無料セミナー)
http://academy.zenshuren.net/201708joseikin/

助成金コンテンツ配信サービスの内容がかなり充実したことに、
驚いた方も多かったみたいです。

このシステムを活用して、助成金顧問契約を獲得する方法について
お伝えするのが、助成金顧問獲得実践塾です。

実践塾にご参加される方には、【豪華特典】がプレゼントされます
ので、ぜひ説明会に来て内容を確認してみて下さい。

次回のセミナー&説明会は29日(火)に開催します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

見込客の”心の占有率”を高めるためには?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

セールス(提案・クロージング)というのは、「今すぐ客」に
だけ行うもの。

「そのうち客」にセールスをしていはいけない。

でも、「そのうち客」がある日突然、「今すぐ客」に変化する
ことがある。

その時にあなたのことを思い出して、連絡をしてもらえるように
しておくことが大事。

そんな話をしてきました。

では、「そのうち客」が「今すぐ客」に変わった瞬間に、
あなたに連絡をしてもらうためにはどうすればよいのでしょうか?

それは、継続的に情報発信をしておくことです。

定期的に情報を発信していれば、見込客が社労士が必要になった時に、

『そういえば、いつも情報提供をしてくれている人がいたなぁ』

と真っ先に思い出してもらえるはずだからです。

以前に私の家のトイレのタンクが壊れ、水が止まらなくなって
しまったことがありました。

トイレの水が止まらないのですから緊急事態です。
「今すぐ」何とかしなければなりません。

そこで、私が思い出したのが冷蔵庫に貼ってあったマグネット式
の【水漏れ110番】の広告です。

すぐに電話をして、修理に来てもらいました。

この事例からもわかる通り、見込客の『心の占有率』(マインド
シェアともいいます)を高めることが大事なのです。

あの時、私の頭の中で真っ先に思い浮かんだ【水漏れ110番】の
ように、見込客が頭の中で『社労士といえば・・・』と検索した
時に、真っ先にあなたのことを思い出してもらえるようにする
ということです。

そのためには、定期的に継続的に情報の発信を続けることが大事
なのです。

次回は、定期的な情報発信の方法についてお伝えしましょう。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加