◆社労士のための決算書攻略セミナー(賃金編)
http://seminar.zenshuren.net/201707kessansho/

今年度より助成金に生産性要件が本格的に導入されたことに
よって、社労士であっても顧客から決算書を預かる機会が
増えてきます。

しかし、決算書を預かっても何をすれば良いのかわからない、
という人も多いでしょう。

そこで、本セミナーでは、

決算書に関する基本的な知識から、

決算書を分析して経営者に対して具体的なアドバイスが
できるようになるための、実践的なノウハウ

を1日の講座に凝縮してお伝えします。

では、この講座に参加すると何ができるようになるのか?

それは、決算書のデータをもとに、経営者に対して

昇給や賞与の金額についてのアドバイス

ができるようになります。

たとえば、

今回の賞与はいくら払うか?

今年の昇給額はいくらにしようか?

ということで悩んでいる経営者の相談に乗ることができる
ようになるのです。

それだけではなく、

『社長、今回の賞与の総額はこれ位にしたらどうですか?』

『この昇給を実施するには今期の売上はこれ位必要ですよ』

といった具体的なアドバイスもできるのです。

しかも、決算書のデータという明確な根拠があるアドバイス
ですから、非常に説得力があります。

このようなサービスを、私は「賃金顧問」と名付けています。

通常の顧問契約にプラスして「賃金顧問サービス」を提供する
ことによって、経営者からは絶大な信頼を得ることができます。

もちろん、顧問料に月額2~3万円上乗せしてサービスを提供
するのですから、あなたの事務所の収益性も高くなります。

あなたも社長の相談相手のポジションを獲得して、顧問料の
単価アップを目指しませんか?

◆社労士のための決算書攻略セミナー(賃金編)
http://seminar.zenshuren.net/201707kessansho/

なお、セミナーにご参加をいただきました方には特典として、

◆生産性要件マスター講座(ビデオ版)

を受講できる権利を差し上げております。
(ただし、別途費用がかかります)

こちらの講座は【非売品】となっておりますので、本セミナー
にご参加いただいた方しか手に入れることができません。

詳細につきましては、こちらのページをご覧下さい。
http://seminar.zenshuren.net/201707kessansho/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加