昨日よりこちらのビデオの配信を開始しました。

給与計算ビジネスセミナー(ダイジェスト版その1)
https://youtu.be/RWDQtaDmCtw

もうご覧いただきましたか?

本日もビデオの配信をしますので、まずは上記のビデオを先に
観ておいて下さい。

1本あたりのビデオは、5~7分程度となっておりますので、
そんなに時間はかかりません。

移動中の電車などでサクッとご覧いただくことができます。

給与計算ビジネスセミナー(ダイジェスト版その1)
https://youtu.be/RWDQtaDmCtw

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

社労士事務所の経営において新規顧客開拓よりも重要なこと

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私は社労士事務所経営をビジネスとして考えております。

ビジネスである以上、売上をあげて適正な利益を確保しなければ
なりません。

自分の事務所が成長・発展しなければ、顧客に対して価値を提供し
続けることができないからです。

また、社労士というのは顧問型でサービスを提供できる数少ない
国家資格です。

だから、このアドバンテージを最大限に活用できるビジネスを
考えなければなりません。

では、顧問型サービスのアドバンテージを最大限に活用する
ためには、どのようなビジネス展開をすれば良いのでしょうか?

本日のビデオでは、そのことについてお伝えをしております。

給与計算ビジネスセミナー(ダイジェスト版その2)
https://youtu.be/N3xmPX8Ffow

ところで、ビジネスの成果(売上)というのは、

売上 = 顧客数 × 顧客単価

という方程式で考えることができます。

この方程式は、売上をあげるためには

顧客数を増やす

顧客単価をアップさせる

という【2つの選択肢】があることを教えてくれます。

通常のビジネスであれば『顧客数を増やす』ということが重要だと
思います。

しかし、社労士ビジネスの場合は顧客数をそれほど増やす必要は
ありません。

なぜなら、顧問契約というのはリピート顧客が自動的に組み込まれて
いる契約形態だからです。

別の言い方をすれば、社労士の顧問契約は『ストック型ビジネス』
ということです。

顧問契約(ストック型ビジネス)というのは、今月契約してくれた
お客様が来月も必ず契約してくれることが確定しています。

ですから、クライアントを20件も獲得すれば、それ以上の顧客を
集める必要はありません。

それよりも重要なことは、既存のお客様に対してしっかりとした
サービスを提供して、顧客単価をアップさせることです。

上述の方程式からもわかる通り、顧問料の単価をアップさせることが
できれば、新規顧客を獲得しなくても売上は増えることになります。

それでは、社労士事務所が顧問料の単価をアップさせるためには、
どのような方法があるのでしょうか?

今回のビデオでは、給与計算サービスを活用した顧問料アップの方法
について解説をしております。

給与計算ビジネスセミナー(ダイジェスト版その2)
https://youtu.be/N3xmPX8Ffow

この方法を活用すれば、社員20名程度の会社からでも月額10万円の
顧問料を獲得することが、そんなに難しいことではないことが
おわかりいただけるでしょう。

==============================
<給与計算ビジネスセミナービデオ>

その1(7月18日配信)
https://youtu.be/RWDQtaDmCtw

その2(7月19日配信)
https://youtu.be/N3xmPX8Ffow

==============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加