本日は、マネーフォワード様主催の「助成金セミナー」を開催
してきます。

90名近くの方よりお申込みをいただいているみたいですので、
少々緊張しております。

水曜日は名古屋、来週火曜日は福岡、水曜日は大阪でも開催
するのですが、お陰様でどの会場も満席です。

4つの会場で、200名以上の方にご参加をいただきます。

やっぱり助成金セミナーは人気があるんですね。

ただし、私がお伝えする内容は

「今後の助成金ビジネスのトレンド」

「制度導入型の助成金ビジネス」

になりますので、一般的な助成金セミナーとは少し違います。

『今はどの助成金が一番簡単でラクに稼げるのか?』

といった情報を求めている人には役に立たないかもしれません。

もう「助成金バブル」は終わったことに、そろそろ皆さん気づく
べきだと思います。

今後の助成金ビジネスは、「顧問型」あるいは「コンサル型」
でないとやって行けなくなると、私は考えています。

セミナーでは、そんな話をさせていただくつもりです。

そして、コンサル型の助成金ビジネスをやるのであれば、
「働き方改革」について理解しておく必要があるのです。

こちらの説明会は、いよいよ明日の開催が最後となります。

働き方改革支援コンサルタント養成講座 説明会のご案内
http://seminar.zenshuren.net/201705hatarakikata/free/

最後ですから、明日は10時、13時、15時、17時と4回開催します
ので、ぜひご参加下さい。

説明会に参加した方だけにお伝えする【特別なご案内】もあり
ますので、絶対に参加した方がお得ですよ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

働き方改革支援システムを公開します!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日はビジネスの現場(戦術)において重要なことは、

ビフォー・アフターを演出すること

であるとお伝えしました。

こんな悩みを抱えていた人が → こんなハッピーな状態になった

という変化の度合いが大きいほど、ビジネスは上手くいくのです。

では、働き方改革支援ビジネスにおけるビフォー・アフターとは、
いったいどんなことでしょうか?

そのことについては、以下の説明会でお伝えします。

=============================
働き方改革支援コンサルタント養成講座 説明会のご案内
http://seminar.zenshuren.net/201705hatarakikata/free/
=============================

と思っていたのですが、一人でも多くの方に説明会にお越し
いただくために、少しだけお話しますね。

私が考えている「働き方改革支援ビジネス」というのは、
認証取得を支援するコンサルティングサービスです。

認証とは、「えるぼし」や「ユースエール」、「くるみん」
「ともにん」といった厚生労働大臣が発行する資格です。

この認証を取得するためには、厳しい基準を満たす必要が
あるのです。

たとえば、若者の雇用促進に積極的に取り組む企業に対して
付与される「ユースエール認定」では、以下の雇用データを
開示する必要があります。

・直近3事業年度の新卒者などの採用者数・離職者数、男女別
採用者数、平均継続勤務年数

・研修内容、メンター制度の有無、自己啓発支援・キャリア
コンサルティング制度・社内検定等の制度の有無とその内容

・前事業年度の月平均の所定外労働時間、有給休暇の平均取得
日数、育児休業の取得対象者数・取得者数(男女別)、
役員・管理職の女性割合

そして、以下の基準を満たしていなければなりません。

・直近3事業年度の新卒者などの正社員として就職した人の
離職率が20%以下

・前事業年度の正社員の月平均所定外労働時間が20時間以下
かつ、月平均の法定時間外労働60時間以上の正社員が1人
もいないこと

・前事業年度の正社員の有給休暇の年間付与日数に対する
取得率が平均70%以上又は年間取得日数が平均10日以上

・直近3事業年度で男性労働者の育児休業等取得者が1人以上
又は女性労働者の育児休業等取得率が75%以上

これがユースエール認証を取得できた企業の「アフター」の状態に
なります。

しかし、コンサルティングを受ける前の会社はこの基準を満たす
ことができていません。(「ビフォー」の状態)

そこで、その会社が認証を取得できるように、私たちがサービスを
提供するのです。

そうすると、

「ビフォー」の状態だった会社が、
コンサルを受けることによって「アフター」の状態になり、
その結果として認証を取得することができた

というになります。

まさにライザップ状態ですね(笑)。

これが私がこれから行おうとしてうる「働き方改革支援コンサル
ビジネス」です。

しかし、ここで大きな問題があります。

それは、そもそも認証を取得する以前に、ほとんどの企業では
上記のような雇用データが整備できていないことです。

そこで必要になるのが「システム」です。

今回のビジネスを行うにあたって当社では、

【働き方改革支援システム】

を開発したのです。

どんなシステムなのか、あなたは気になりませんか?

実は、以下の説明会では【働き方改革支援システム】を本邦初公開
することになっています。

働き方改革支援コンサルタント養成講座 説明会のご案内
http://seminar.zenshuren.net/201705hatarakikata/free/

このシステム、かなり強力です!

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加