本日から6月になりました。
今月は各地でセミナーや講演、説明会を開催する機会が多いです。

マネーフォワードさん主催のセミナーにも登壇します。

セミナーの日程はこちらをご覧下さい
https://seminar-moneyforward.smktg.jp/public

東京:6月20日(火) / 名古屋:6月22日(木)
福岡:6月27日(火)/  大阪:6月28日(水)

私が担当するセミナーだけ『残席わずか』となっています(笑)。

東京・名古屋のセミナーにたくさんのお申込みをいただいたので、
福岡と大阪でも追加開催をすることになりました。

テーマは、『平成29年度助成金の傾向と対策』です。

なお、上記のセミナーでは「助成金ビジネスのトレンド」について
お話をさせていただく予定です。

さらに踏み込んで、助成金を活用した「新しいビジネスモデル」に
ついて知りたい方は、こちらの説明会にもご参加下さい。

==============================
助成金を活用した働き方改革支援ビジネスに興味がある方は、
こちらの説明会にお越し下さい。

★働き方改革支援コンサルタント養成講座 無料説明会
http://seminar.zenshuren.net/201705hatarakikata/free/
==============================

その他にも、今月は以下のセミナーを開催します。

★6月9日(金) 奥野先生出版記念セミナー(大阪)
http://seminar.zenshuren.net/201706shachou_seminar/

★6月15日(木) ハラスメント対策企業認証コンサル講座(神戸)
http://seminar.zenshuren.net/201706harassment/

★6月16日(金) 奥野先生出版記念セミナー(東京)
http://seminar.zenshuren.net/201706shachou_seminar/

各セミナーの詳細につきましては、メルマガの文末をご覧下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

高齢者の就業支援に立ちはだかる2つの問題とは?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日より、働き方改革支援ビジネス第4弾

「高齢者の就業支援」

についてお伝えをしております。

労働力人口が減少する中、定年退職後のシニア世代の労働力の
活用が喫緊の課題となっています。

政府の方としても「生涯現役社会」をスローガンに、70歳まで
働ける環境を整備しようと考えています。

その理由は、もちろん年金財政の問題があるからです。

年金の支給開始年齢は、早晩70歳に向けて引き上げられることは
確実です。

そうなると、継続雇用を選択したとしても65歳までしか働けない
ということでは、「空白期間」が生じてしまいます。

そこで、定年や継続雇用年齢を延長するという話になります。

70歳に向けての雇用促進のために『65歳超雇用推進助成金』も
用意されていますからね。

しかし、企業にとって定年や継続雇用年齢を引き上げることは
簡単なことではありません。

そのためには、「2つの問題」を解決しなければならないからです。

その2つの問題とは・・・。

==============================
助成金を活用した働き方改革支援ビジネスに興味がある方は、
こちらの説明会にお越し下さい。

★働き方改革支援コンサルタント養成講座 無料説明会
http://seminar.zenshuren.net/201705hatarakikata/free/
==============================

「同一労働同一賃金」 と 「退職金の問題」 です。

同一労働同一賃金の問題については、非正規社員の待遇改善の話と
同じです。

嘱託社員というのも、非正規社員ですから当然ですね。

しかし、嘱託社員がいわゆる非正規社員と違うのは、「元正社員」
ということです。

場合によっては課長や部長といった管理職だった人が、定年退職後に
再雇用をされて「嘱託」という身分になっています。

スキルが高く、これまで高度な仕事をしていた人が、定年を迎えた
というだけで、身分が変わってしまうことが多いのです。

そのため、今までとまったく同じ仕事をしているのに、嘱託という
身分になったことにより、給与だけが大幅に減ってしまう。

これが今、大きな問題となっています。

本件については、トラック会社の裁判が有名ですが、司法の判断も
はっきりしておらず(高裁での逆転判決が出された)、最高裁での
判決が待たれています。

そもそも、厚生労働省の指導はこうでした。

『60歳以降は賃金を下げても良いので、何とか65歳まで
働けるようにしてほしい』

賃金を下げても在職老齢年金が受給でき、さらに高年齢雇用継続
給付も支給する。

だから、労働者の手取収入はほとんど変わらない。

だって、在職老齢年金も高年齢雇用継続給付も、賃金を大幅に
下げないと支給されない仕組みになっていますからね。

その指導に則って、各企業は嘱託社員の労働条件(特に賃金)を
設定しているのに、今更それがダメと言われてもねぇ。

これでは厚生労働省に「ハシゴを外された」と言うしかありません。

____________________________________________________________

<本日のワンポイント動画>

いよいよ最終回のビデオを公開しました!
社労士ビジネス起業塾説明ビデオ第4弾
社労士ビジネス起業塾4
http://startup.zenshuren.net/2017/05/11/lx3tmpraom8/

ご興味がある方は、ぜひコメントをお願い致します。
____________________________________________________________

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加