連日ご案内をしている奥野先生による以下のセミナー

社労士による、社労士のための、
社労士だからこそできる、出版戦略セミナー

http://seminar.zenshuren.net/201706shachou_seminar/

ですが、このキャッチコピーが功を奏したのか(?)、昨日は数名
の方よりお申込みをいただきました。

『ありがとうございます』というよりも、『おめでとうございます』
という感じですね。

このセミナーにご参加をいただければ、出版のことはもちろんですが、
マーケティングやビジネスのことを深くご理解いただけるようにな
からです。

このセミナーで私たちがお伝えしたいことは、

あなたが「自分らしく」成功する方法です。

たとえニッチな分野であっても、あなたの情報を求めている人が
必ずいますので、その市場で日本一を目指しましょう。

ニッチな分野というのは、ネットなどで検索してもすぐには情報が
得られないため、その人たちの悩みというのは結構深いものです。

ですから、あなたがその「悩み」や「問題」を解決する方法を
教えてあげれば、とても感謝されるわけです。

「社長の年金」なんて、まさにその最たるものです。

ましてや、それが社労士のような専門家からのアドバイスであれば、
信頼性も抜群ですからね。

もちろん、感謝され信頼されたその先には必ずビジネスが発生します。

つまり、こういうことです。

情報提供 → 感謝 → 信頼 → 契約

このサイクルが確立できたら、あとはそれを繰り返していくだけで
良いのです。

気がついてみると、あなたはその分野での第一人者になっている
というわけです。

あなたがやるべきことは、たった2つだけです。

・困っている人に対して役立つ情報発信をする、
・お困りごとに対して真摯にアドバイスする

これを続けているだけで、あなたはそのニッチな分野では日本一に
なってしまうのです。

これって、よくないですか?

ゴリ押しするスタイルの営業が得意でない社労士の皆さんには、
ピッタリの顧客開拓方法だと私は思っています。

今回のセミナーでは、奥野さんからそんな顧客開拓のノウハウ
についても教えていただくことができます。

ですから、これから出版を目指したい人だけでなく、新しい顧客
開拓の手法を学びたいという人にもぜひお勧めしたいと思います。

出版記念セミナーの詳細&お申込みはこちら
http://seminar.zenshuren.net/201706shachou_seminar/

それでは、引き続きあなたのご参加をお待ちしております。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

働き方改革支援ビジネス<第4弾>の連載がスタート!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日のメルマガでは、調子に乗って私のビジネスモデルについて
かなり公開をしてしまいました(汗)。

働き方改革をビジネス化をしようとするのであれば、単発の商品
(サービス)を提供するだけでは十分ではありません。

なぜかというと、「働き方改革」というのは、さまざまな施策の
集合体だからです。

多様な働き方の整備
非正規社員の待遇改善
女性の活躍
高齢者の就業支援
若者の雇用促進
育児・介護と仕事の両立支援、
長時間労働の是正
職業能力の開発・キャリア支援

といったテーマはこれまでもあったわけで、それぞれを1つずつ
取り上げても顧客にインパクトを与えることはできません。

「働き方改革」というキーワードで、すべの商品(サービス)を
パッケージ化することで、「新しい価値」が生まれるのです。

キーワードは、「パッケージ化」です。

一つひとつのコンテンツは新しくなくても、パッケージ化する
ことで新しい商品が生まれます。

これが、「コンセプトの力」です。

クライアントに対して

『残業時間を削減しましょう』

と言ってもあまり関心を持たれないかもしれません。

でも、

『働き方改革のために、残業時間を削減して、生産性を向上
させましょう』

と言うと、何となく説得力があるような気がしませんか?

このように、ビジネスというのは「見せ方」が大事なのです。

7月に開催する『働き方改革支援コンサルタント養成講座』では、
働き方改革をビジネスに落とし込む具体的な方法について、さらに
詳しくお伝えしたいと思っています。

いよいよ6月から説明会もスタートします。

働き方改革支援ビジネスに興味をお持ちの方は、ぜひ説明会に
ご参加下さい。

もちろん、説明会のご参加は無料です。

==============================
助成金を活用した働き方改革支援ビジネスに興味がある方は、
こちらの説明会にお越し下さい。

★働き方改革支援コンサルタント養成講座
http://seminar.zenshuren.net/201705hatarakikata/free/
==============================

さて、本日からは働き方改革の4番目のテーマに移りましょう。
今回のテーマは、『高齢者の就業支援』です。

労働力人口が減少する中で、女性の活用とともに高齢者の活用と
いうのも、非常に大きな課題ですね。

しかも、この問題は高齢化に伴う年金問題とも関係しております
ので、事態はさらに深刻なのです。

まぁ、カンタンに言ってしまえば、

『定年を65歳にして下さい』
『できれば70歳まで雇用して下さい』

ということなんですけどね。

しかし、現実はそんなに単純ではありません。

次回からのメルマガは、この問題について具体的に考えてみたい
と思います。

____________________________________________________________

<本日のワンポイント動画>

いよいよ最終回のビデオを公開しました!
社労士ビジネス起業塾説明ビデオ第4弾
社労士ビジネス起業塾4
http://startup.zenshuren.net/2017/05/11/lx3tmpraom8/

ご興味がある方は、ぜひコメントをお願い致します。
____________________________________________________________

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加