昨日から、こちらのビデオを公開させていただきました。

社労士ビジネス起業塾(SBS)のご説明ビデオ(第3弾)
http://startup.zenshuren.net/2017/05/11/pn5-nssheua/

早速ビデオをご覧いただきた方より、

『他の開業塾との違いがはっきりとわかりました』

という嬉しいコメントをいただきました。

しかし、その一方で

『9月1日に開業するので半年前に開催して欲しかった』

というご要望(お叱り?)もいただきました。

もちろんコメントをいただいた方のお立場やお気持ちは
理解しますが、こればっかりは仕方がありません。

私はすべての方の事情を考慮して講座やセミナーの企画を
しているわけではありませんからね(笑)。

ですから、今回の起業塾に限らず、あなたの興味がある講座や
セミナーがあったら、そのタイミングで参加していただきたい
のです。

繰り返しになりますが、講座やセミナーというのは、あなたの
都合に合わせて開催されるわけではないですからね。

そう、ビジネスというのはタイミングが大事なのです。

たとえば、こちらの講座もそうです。

★働き方改革支援コンサルタント養成講座
http://seminar.zenshuren.net/201705hatarakikata/free/

この講座は今年7月に開催をしますが、次回の講座は来年以降の
開催になる予定です。(開催するかどうかも未定です)

働き方改革のビジネスは、今年後半から大きな盛り上がりを
見せることが確実です。

来年には労基法の改正も予定されていますからね。

ですから、あなたがこのビジネスチャンスを捉まえたいと思うので
あれば、今回の講座にご参加いただく必要があります。

この講座が受講すべきに値するかどうかの判断がつかないので
あれば、ぜひ説明会にお越し下さい。

受講を決めるのは、説明会に参加してからでも良いのですから。

説明会に参加した方だけにお伝えする ”特別なご案内”を
ご用意して、あなたのご参加をお待ちしております。

★働き方改革支援コンサルタント養成講座の説明会
http://seminar.zenshuren.net/201705hatarakikata/free/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

女性が活躍できる会社はいい会社だと思う

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

本日より、働き方改革の3番目のテーマである

「女性の活躍推進」

についてお伝えします。

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、女性活躍
推進法)が施行され、平成28年4月から、301人以上の労働者を雇用
する事業主には以下の3つが義務づけられています。

(1)自社における女性の活躍状況の把握・課題分析

(2)行動計画の策定・社内通知・公表・届出

(3)自社における女性の活躍に関する情報の公表

この法律が施行された背景には、女性を取り巻く以下のような
労働環境の現状があります。

・女性の就業率(15歳~64歳)は上昇しているが、就業を希望しながら
も働いていない女性(就業希望者)は約300万人に上る。

・第一子出産を機に約6割の女性が離職するなど出産・育児を理由に
離職する女性は依然として多い。

・出産・育児後に再就職した場合、パート等になる場合が多く、女性雇
用者における非正規雇用者の割合は6割近く(56.6%)。

・管理的立場にある女性の割合は11.3%(平成26年)と、近年緩やか
な上昇傾向にあるものの、国際的に見ても低い。

つまり、わが国では働く場面において女性の力が十分に発揮できている
とはいえない状況にあるというわけです。

一方、わが国我が国は急速な人口減少局面を迎えており、将来の労働力
不足が懸念されています。

そのため、女性の活躍の推進が重要だということです。
(今さらですけどね)

また、女性社員が能力を高めながら継続就業できる職場環境を整備する
ことには、企業にとっても人材活用面で大きなメリットがあります。

政府においても

「指導的地位に占める女性の割合を2020年までに30%とする」

という目標を掲げ、重要かつ喫緊の課題としています。

これが働き方改革において「女性の活躍推進」が掲げられている背景
になります。

では、女性の活躍推進に対して、私たち社労士にとってどのような
ビジネスチャンスがあるのでしょうか?

次回はその話をすることにしましょう。

____________________________________________________________

<本日のワンポイント動画>

社労士ビジネス起業塾説明ビデオ第3弾
https://youtu.be/pn5-nSsheUA

____________________________________________________________

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加