先日より公開しております【無料プレゼント】ですが、本メルマガ
でのご案内では”過去最速のペース”でご請求いただいております。

本当にありがとうございます。

ただ、ビデオを公開するのは本日を含めて【あと3日】だけです。
21日(日)を過ぎましたら、受付は完全に終了してしまいます。

まだ入手されていない方は、今すぐ以下のページをご確認下さい。

============================
総額199万円5000円の助成金をゲットして
高額コンサルティング契約を獲得するための
キャリアアップ助成金徹底活用マニュアル
http://seminar.zenshuren.net/201705careerup_video/
============================

ところで、昨日の日経新聞の1面はご覧になりましたでしょうか?
こんな記事が掲載されていましたね。

・労働時間の公表が義務づけられる
・女性活躍推進法の改正
・同一労働同一賃金の義務化?

労働時間の公表については、当面は大企業だけとなるようですが、
将来的には中小企業にも適用されることは間違いありません。

データの公表に関しては、女性活躍推進法を改正して、男女別の
雇用データの開示とともに、労働時間の公表を義務化させる方向
で検討がされているみたいです。

さらに、同一労働同一賃金についても義務化に向かうような
ニュアンスで書かれていました。

パートタイム労働法の改正でしょうか?

いずれにしても、働き方改革が本格的に動き出してきた感じです。
これは、私たちにとって非常に大きなビジネスチャンスです。

働き方改革をテーマに本格的にビジネス展開をしたい方には、
こちらの説明会がお勧めです。

==============================
働き方改革支援コンサルタント養成講座 説明会のご案内
http://seminar.zenshuren.net/201705hatarakikata/free/
==============================

それから、こちらのビデオですが・・・。

社労士ビジネス起業塾(SBS)のご説明ビデオ(第2弾)
http://startup.zenshuren.net/2017/05/11/aozdvlrer5k/

残念ながら、あまり反応がありません(涙)。

第1弾のビデオにはたくさんの方よりコメントをいただきましたので、
私としても大変喜んでいたのですが・・・。

第1弾ビデオへの皆さんのコメントはこちら
http://startup.zenshuren.net/2017/05/11/vtrnfbkhjb0/

あまりの落差にちょっとブルーな気持ちになっておりますので、
私を励ます意味でもコメントをよろしくお願い致します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

優秀なパート社員が集まり定着する会社の条件とは?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

労働力人口が減少し人材不足が深刻になる中、これからの企業に
とっては、パート社員の活用がますます重要になってくることは
言うまでもありません。

つまり、

パート社員の活用 = 企業にとっての重要な人材戦略

になるということです。

当たり前のことですが、優秀なパート社員を採用し定着させる
ためには、パート社員にとって働きやすい職場環境を整備する
必要があるでしょう。

では、パート社員が『働きやすい職場環境』とは、いったい
どのような会社なのでしょうか?

たとえば、優秀なパート社員はこんな会社で働き続けたいと
思うでしょうか?

★単純なルーチンワークしかさせてくれない会社

★何年務めても時給がまったく上がらない会社

★一生懸命がんばっても全然評価をしてくれない会社

★正社員と同じ仕事をしているのにパート社員というだけで
給与(時給単価)が安い会社

★いくら頑張っても正社員になる道がない会社

★自分の仕事の役割や責任が明確でない会社

やっぱり、こんな会社では優秀なパート社員を採用したり、
定着してもらうことは難しいですよね。

では、パート社員を積極的に活用したいという会社は、
どのようにすればよいのでしょうか?

パート社員に能力を発揮してもらうためには、以下の3つの
ポイントがあると言われています。

(1)働きや貢献に見合った待遇にする

(2)パート社員と正社員を均衡待遇とする

(3)パート社員への説明責任を果たす

(1)は、パート社員だからというだけで一律の待遇にするの
ではなく、働きや貢献に応じて待遇を決定しましょう、という
ことです。

(2)は、パート社員の待遇を正社員との働き方の違いに応じた
均衡待遇にしましょう、ということです。

(3)は、パート社員から求められたときには、その待遇を
決定するにあたって考慮したことを説明できることが重要、
とういうことです。

以上のことから、これからのパート社員の活用にあたっては、

・パート社員同士での待遇の違い

・パート社員と正社員との待遇の違い

について、きちんと説明ができることが求められるのです。

中小企業がこうした課題を解決するためには、パート社員の
等級制度や賃金制度を整備する必要があります。

ここが私たちのビジネスチャンスになります。

しかも、パート社員の等級制度や人事制度の導入には、
助成金が活用できるのです。

そのためのノウハウを、こちらのマニュアルで公開しております。

============================
総額199万円5000円の助成金をゲットして
賃金コンサルティング契約を獲得するための
キャリアアップ助成金徹底活用マニュアル
http://seminar.zenshuren.net/201705careerup_video/
============================

5月21日(日)までの期間限定公開になります。

____________________________________________________________

<本日のワンポイント動画>

助成金を活用してパート社員の賃金コンサルを行う方法
https://youtu.be/4xBG8u6Jrhk

____________________________________________________________

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加