■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

商品力も営業力もない人がライバルと差別化する方法

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ビジネスというのは、シンプルな法則で表すことができます。
たとえば、契約の獲得というのは次の方程式になります。

契約 = 商品力 × 営業力

「商品力」が優れていれば、営業力が弱くても契約を獲得する
ことができるでしょう。

他で手に入れることができない商品(サービス)であれば、

「お願いだから売って下さい」

という人が行列を作ります。

このような商品であれば、営業をする必要がありません。
まさに「砂漠で水を売る」ようなものです。

私のビジネスモデルも、どちらかというと商品力で差別化を
する戦略を採っています。

私はコンテンツメーカーですからね(笑)。

でも、「商品力」で差別化ができない人であっても大丈夫です。
そういう人は「営業力」を強化すれば良いのです。

営業力がある人なら、どんな商品でも売ることができます。
私がかつて身を置いていた保険業界はそんな世界でした。

同じ会社に所属していれば、扱える商品はみんな同じです。
しかし、売れる人と売れない人には契約高に雲泥の差がありました。

これはまさに「営業力」の違いです。

もし、トップセールスの人が社労士業界にやって来れば、次々と
契約を獲得してしまうことでしょう。

このように、契約を獲得するためには「商品力」か「営業力」
またはその両方を強化して、ライバルとの差別化を図る必要が
あるのです。

別の言い方をすれば、「商品力」か「営業力」で差別化をする
ことができなければ、契約を獲得することが難しくなります。

唯一の方法は、「値段を安くする」しかありません。

しかし、この作戦は絶対にとってはいけません。
安い料金で契約を獲得してしまうと、破滅への道が待っています。

では、商品力も営業力もない人はどうすれば良いのでしょうか?

最後にひとつだけ方法があります。
そして、これが最大の差別化戦略でもあります。

それは、「自分という”商品”で差別化をする」

つまり、「あなたと付き合いたい」と思ってもらうということ。
そのためには、あなた自身をコンテンツ化するしかないのです。

これまで、ネットビジネスにおいては「コンテンツ・イズ・キング」
であるという話をしてきましたが、これはリアルのビジネスでも
同じです。

だから、あなたもコンテンツ力を磨いて下さい。

では、

商品力でも差別化できない
営業力でも差別化できない
自分でも差別化できない

そういう人はどうすればいいかって?

もう、その答えは私に言わせないで下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加