昨日より「最新!使える助成金実務セミナー(平成29年度版)」
ご案内をしております。

最新! 使える助成金実務セミナー(平成29年度版)
http://www.joseikin-adviser.com/seminar-joseikin2017.html

早速、次々とお申込みをいただいております。
ありがとうございます。

深石先生はこれから、他の団体でも同様の内容でセミナーを開催
されますが、セミナー開催後の変更点についても継続的にフォロー
しているのは私たち助成金受給環境整備アドバイザー協会の主催
するセミナーだけです。

助成金の情報というのは連続性が大事ですから、ぜひ当協会主催の
セミナーにご参加下さい。

今年度は、使い勝手のよかった助成金が廃止されたり、要件が厳しく
なるなど、いよいよ助成金バブルが終焉した感じになっています。

また、ほとんどの助成金に生産性要件が導入されるなど、これからの
助成金ビジネスは大きな転換を迫られています。

今年度の助成金活用のポイントを知りたい方は必見のセミナーです

最新! 使える助成金実務セミナー(平成29年度版)
http://www.joseikin-adviser.com/seminar-joseikin2017.html

助成金受給環境整備アドバイザー協会の情報会員の皆様は、
無料で参加できます。

助成金受給環境整備アドバイザー協会 情報会員とは?
http://www.joseikin-adviser.com/membership.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ブランディングとは自分自身をコンテンツ化すること

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ネットビジネスにおいては、「コンテンツ・イズ・キング」だと
いうことをお伝えしました。

ネット上には情報が氾濫しています。
だから、たんなる「情報の横流し」には何の価値もありません。

情報を整理したり、加工したり、組み合わせることで、はじめて
価値を生み出すことができるのです。

そうすることで、情報は「コンテンツ」へと進化します。

そのためには、自分なりの「独自の視点」や「切り口」を持つ
必要があるのです。

最近の言葉で表現すれば、「世界観」ですね。

たとえば、このメルマガで私は「稼げる社労士」という世界観を
演出しているつもりです。

これまでのように人事労務の専門知識を持っている国家資格者
ではなく、ビジネスマンいや商売人としての新しい社労士
”あり方”を提案したいと思っています。

社労士で開業することをビジネスとして捉え、顧客に価値を提供
することで正当な報酬を受け取り、、金銭的にも社会的にも成功
する人をもっともっと増やしたいと考えています。

これが私が提供する「世界観」であり、読者の皆さんもきっと、
それを楽しんでいただいているのではないでしょうか?

この世界観が嫌いだという人は、とっくにメルマガを解除されて
いるはずですからね(笑)。

私としても、

社労士事務所の経営をビジネスとして考えている人」

だけに、このメルマガを読んでいただきたいと思っています。

このように自分の世界観を演出するということは、別の言い方を
すれば、

自分自身をコンテンツ化する

ということなのかもしれません。

「稼げる社労士の萩原が発信する情報」は、それ自体がコンテンツ
になっているからです。

これは何もネットビジネスに限ったことではありません。

リアルの場での情報発信においても、「あなた自身」をコンテンツ化
することができれば、あなたの世界観に惹きつけられる人(ファン)
が現れます。

これこそが本当のブランディングだと、私は考えています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加