顧問料の単価をアップさせるためには、社長と経営の話ができる
ようになる必要があります。

そのためのヒアリング項目、課題の整理方法、質問のテクニック
などをお伝えする講座です。

本講座を受講して、社長の相談相手のポジションを獲得し、
2万円の顧問料が5万円になれば、年間36万円の収益アップです。

あるいは新規の顧問先を月額5万円で獲得できれば、年間60万円の
収益アップになります。

そういう意味では、かなり費用対効果の高い講座だと思います。

次回以降は、2日間の「エクゼクティブコーチ養成講座」に昇格
するため、受講料も大幅にアップします。

リーズナブルな料金で受講できるのは、これが最後になります。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

情報をコンテンツ化して労働集約型ビジネスから脱却する!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日は、奥野先生の出版についてのご案内をさせていただきました。

書名:社長・役員に説明する人事・総務・業必携
「現役社長・役員の年金」
社長の年金相談日本一社労士が教えます!

著者:奥野文夫

出版社:(株)産労総合研究所 出版部 経営書院

★事前ご予約方法のご案内はこちら↓
https://www.syakaihoken.jp/book-order1

なぜ、奥野先生が商業出版をすることができたのか?

このことに関して奥野先生は、

ネット集客の知識や経験が出版にも役立った

と力を込めて語っていらっしゃいます。

ネット集客の知識と出版がどのように関係しているのか?
その秘密を知りたい人は、以下の講座にご参加下さい。

★ホームページRe-born講座(4月20日開催)
http://www.2step-sr.jp/article/okunoHPreborn.html

インターネット上で情報発信をするという行為は、別の言い方を
すると

【情報をコンテンツ化する】

ということなのです。

だから、あなたがホームページに掲載した記事はすべてコンテンツ
なのです。

文字のコンテンツ、音声のコンテンツ、動画のコンテンツ

このように、インターネットで情報を配信しようと思えば、
情報をすべてコンテンツ化しなければなりません。

そして、これは非常に重要なポイントですが、コンテンツというのは

保存ができる、転用ができる、加工ができる

という特性があります。

つまり、「使いまわしができる」のです。

たとえば、ホームページに書いた記事を転用して、メルマガで配信
することができます。

記事をまとめて整理すれば、本の原稿にもなります。
(奥野さんの出版はこのパターンですね)

文章を読み上げて収録すれば音声ファイルが出来上がります。
ビデオに収録すれば動画ファイルが出来上がります。

そして、こうした「コンテンツ」は商品として販売することも
可能になります。

このように、何かひとつでもコンテンツを作れば、それをまた
別のコンテンツとして再利用することができるのです。

シングルコンテンツ、マルチユース

ということです。

コンテンツ化することで、情報は「モノ」に変化します。

「モノ」は大量生産をすることもできますし、在庫にしておく
こともできます。

インターネット上で販売をすれば、あなたが遊んでいても、
寝ていても売上をあげることができるのです。

これがいわゆる「コンテンツビジネス」です。

話が少し飛躍してしまいましたが、ホームページ営業の先には
こんな夢のような世界が広がっていることを、あなたに知って
欲しいと思いました。

そのための第一歩が、ホームページ営業をマスターすることです。

そして、ホームページ営業を行うためのネット集客を基礎から
学べるのがこちらの講座です。

社労士事務所のホームページ見直し7つのポイント
業専門ネット集客コンサルタントからの個別指導あり~
http://www.2step-sr.jp/article/okunoHPreborn.html

◆講師の奥野先生からのビデオメッセージはこちら
https://youtu.be/WVLrourBLUA

残念ながら、本日で受付終了となります。

将来は出版をしたい、労働集約型のビジネスから抜け出したい、
という方は、ぜひ講座にご参加下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加