今週はずっと東京におりますが、セミナーウィークですね。
月曜日から日曜日まで、水曜日を除いて、毎日セミナーです。

私が講師をする講座もありますし、私以外の方に講師を務めて
いただく講座もあります。

上記2つの講座は、「私以外の方」が講師です。

この場合、私は主催者ではありますが、受講生の一人として講座
に参加をさせていただいております。

自分でセミナーを主催すると、無料でセミナーを受講できるので、
お得ですよね(笑)。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

情報発信のその先にある「大きな成果」とは?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

これまで顧客開拓の手法としてのホームページ活用について
お話しをしてきました。

繰り返しになりますが、ホームページ営業とは、

ネット上で価値ある情報を提供することで

見込客との信頼関係を構築し

問合せを得ることで

契約に結びつける営業手法です。

ホームページの記事を書くために、顧客視点で情報収集をして、
効果的に伝わるように文章の構成を考える。

そして、読者に興味を持ってもらえるように、表現方法も工夫
するようになる。

このような作業を続けていると、自然と情報収集力や発想力、
表現力などが身についてきます。

これが顧客視点で情報発信をし続けることの大きなメリットであり
結果として顧客開拓にもつながっているということです。

顧客開拓ができるかどうかは、結果論でしかありません。
情報発信をし続けることが大事なのです。

実は、情報発信をし続けることで、とんでもない「大きな成果」を
手に入れることができのです。

それはズバリ、「商業出版の実現」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ネット上で情報発信をし続けることで、本を出すことができる可能性
が非常に高くなります。

なぜ、ホームページ営業(ネット上での情報発信)をしていると
商業出版ができるのでしょうか?

その秘密については、こちらの講座で公開をさせていただきます。

★ホームページRe-born講座(4月20日開催)
http://www.2step-sr.jp/article/okunoHPreborn.html

実は、講師を務めていただく奥野先生が出版をされることになった
のです。

まずは、奥野先生からのメッセージをご覧下さい。

————————————————————

萩原先生のメルマガ読者の皆様、こんにちは。

滋賀県の社労士 奥野文夫です。

萩原先生にはいつもお世話になっております。

私事で恐縮ですが、
5月に初の著書が出版されることとなりましたので、
ご報告させていただきます。

書名:社長・役員に説明する人事・総務・業必携
「現役社長・役員の年金」
社長の年金相談日本一社労士が教えます!

著者:奥野文夫

出版社:(株)産労総合研究所 出版部 経営書院

5月の発刊に先立ちまして、出版社において
事前予約注文の受付が開始されたところです。

特価:事前ご予約いただいた方に限り、1,750円(税込)
(通常価格税込1,944円の10%割引)
送料:320円(2冊以上ご注文の場合は、送料無料)
〇四六版
〇約200頁

本書は、最近4年間ほど、ホームページ、ブログ、YouTube、
Facebook等を活用して日々発信を継続してきた
中小企業経営者向けのお役立ち情報を発展させた内容となります。

ご笑覧いただけますと幸いです。

事前ご予約方法のご案内はこちら↓
https://www.syakaihoken.jp/book-order1

今回、初めての出版ということで慣れない点が多かったの
ですが、書籍の企画書作成(特に著者プロフィール作成)や
出版社へのプレゼン資料作成、原稿の執筆に際しては、
自分の得意分野である、インターネットマーケティングや
顧客リサーチのスキル・経験が大変役に立ちました。

最近は、業専門ネット集客コンサルタントとして、
萩原先生主催のホームページ講座やYouTube講座の
講師を担当する機会もいただいております。

今回の商業出版に際して学んだ経験も、希望される方が
おられるようでしたら、それらの講座の中でもシェアしたい
と思っています。

例えば、「この本意外に売れるかも、と編集者に気付いてもらえて
出版企画書の採用可能性が一瞬でアップする簡単な方法」
などですね。
(月間検索数を伝える、ということではありません。)

ホームページ等を活用した情報発信も出版も、相手にして欲しい
行動をしてもらうためのポイントは全く同じなんだなと実感して
います。

(以下、出版社作成の案内文です。)

《本書の内容》

●なぜ、いま社長の年金なのか
●社長の年金、請求手続き
●65歳社長・65歳から・70歳からの社長の年金
●社長の年金加入
●在職老齢年金の基礎知識
●年金を不正受給しないための注意点

社長・役員は65歳以降も現役として活躍している方が多く、
年金に対する誤解や勘違いにより、損をしたり、
トラブルになるケースも多くなっています。
本書は、多くの相談・支援実績を持つ著者が、
正確な事実を伝えることで、
ライフプラン・経営計画・事業承継計画の
抜本的な見直しに役立ててもらえるよう、
社長・役員の年金手続きから受給までを解説しています。

————————————————————

いかがでしょう?

出版といっても、自費出版や電子書籍出版ではありません。
「経営書院」という専門書では老舗の出版社からの商業出版です。

なぜ、奥野先生が商業出版を、しかも「社長の年金」という非常に
ニッチなテーマで行えることになったのでしょうか?

そこには、周到な準備と戦略があったのです。

もし、あなたも社労士として商業出版を実現させたのであれば、
ネット上での情報発信についてきちんと学んで下さい。

そのための講座がこちらです。

社労士事務所のホームページ見直し7つのポイント
業専門ネット集客コンサルタントからの個別指導あり~
http://www.2step-sr.jp/article/okunoHPreborn.html

◆講師の奥野先生からのビデオメッセージはこちら
https://youtu.be/WVLrourBLUA

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加