こちらのビデオはご覧いただきましたか?

キャリアアップ助成金を活用したパート社員の賃金コンサル
https://youtu.be/PCGgFUSCKbI

これからYoutubeで

「働き方改革と社労士ビジネスチャンス」

というテーマでどんどん情報発信をして行きますので、
よろしければチャンネル登録をしておいて下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あなたがホームページ営業で一人勝ちできる理由

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ホームページ営業というのは、

ネット上で価値ある情報を提供することで

見込客との信頼関係を構築し

問合せを得ることで

契約に結びつける営業手法です。

記事や動画の投稿を継続しなければなりませんので、ある程度の
時間と労力が必要になりますが、必ず成果が得られる確実な営業
手法です。

セミナーや異業種交流会に参加したり、意味のない飲み会に行く
よりも、効果的・効率的な顧客開拓手法だと私は考えています。

特に、社労士のような専門家の場合、提供できる情報が山ほど
ありますので、ネタが尽きることはありません。

コツコツと努力を続けることが得意な人も多いですから、私は
社労士には一番合った顧客開拓手法だと思っています。

しかも、顧客開拓という視点で考えた場合、ほとんどの社労士
ホームページがダメダメですから、きちんとした情報発信をすれば
確実に勝てる市場です。

きちんとした情報発信というのは、ネット集客の基本を押さえる
ということです。

このネット集客の基本を知らないので、ほとんどのホームページが
自己満足型になってしまっています。

自己満足型とは、誰にも見られていないのに、一生懸命に記事を
更新し続けることだけで満足してしまっている人のホームページ
のことです。

せっかく努力をしているのに、努力の方向性が間違っているために
まったく成果が出ていない。

そんな人がたくさんいます。

たしかに、自分の好きなようにいつでも記事の更新ができますので、
自己満足度はかなり高いのかもしれません。

しかし、自分の満足を得るためだけに、毎月5,000円~10,000円の
サーバー利用料をホームページ業者に搾取されているのです。

そんなことを続けていても、儲かるのはホームページ業者だけです。
このことに、そろそろあなたも気づくべきです。

自分でサーバーを借りれば、毎月1,000~2,000円程度の利用料で
済みますからね。

つまり、何が言いたいのかというと、ホームページ業者というのは、
ホームページを作成してサーバー利用料をチャージするのがビジネ
だということです。

だから、集客に関するアドバイスはまったくしてくれません。

ホームページ営業を本格的に行うのであれば、ネット集客の専門家に
アドバイスをしてもらう必要があるのです。

社労士業界では、ホームページ営業に力を入れている人がほとんど
いませんから、あなたがしっかりとネット集客の知識を身につければ
絶対に一人勝ちできる世界なのです。

そのために以下の講座を開催します。

社労士事務所のホームページ見直し7つのポイント
業専門ネット集客コンサルタントからの個別指導あり~
http://www.2step-sr.jp/article/okunoHPreborn.html

◆講師の奥野先生からのビデオメッセージはこちら
https://youtu.be/WVLrourBLUA

本講座には、以下の2つの【スペシャル特典】をご用意しております。

★ホームページ改善66項目のセルフチェックリスト

★奥野先生からの個別アドバイス

特に注目をしていただきたいのは、

業専門ネット集客コンサルタント奥野先生からの個別アドバイス

が受けられるとうことです。

個別指導というのは、奥野先生があなたのホームページをチェックして、
改善点を具体的に教えてくれる、というものです。

通常は、これだけでも5万円~10万円の価値があるものです。

今回の講座では、この奥野先生からの個別指導が特典としてついて
いるんです。

この特典の意味があなたにはわかりますか?

奥野先生のアドバイスに従ってホームページの改善作業に取り組めば、
あなたがホームページ営業で一人勝ちができる可能性が高いということ
なんですよ。

このあり得ないようなオファーの価値をどうしても伝えたくて、
本日はメルマガの休刊日でしたが臨時号を配信させていただきました。

ここだけの話、今回の講座に参加される方もあまり多くありません。
10名限定の講座であっても、まだお席に余裕があります。

残念ながらこれが社労士業界のホームページに対する認識なのです

だからこそ、本気で取り組んだ人には大きなチャンスがあります。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加