社長と会話をするための【魔法のテンプレート】について公開を
してきました。

テンプレートは全部で10個ありましたね。

【テンプレートその1】事業内容をヒアリングする

【テンプレートその2】社長のヒストリーを聞く

【テンプレートその3】社長の役割を確認する 

【テンプレートその4】経営理念、経営方針、経営戦略を聞く

【テンプレートその5】顧客について確認する

【テンプレートその6】競争環境について聞く

【テンプレートその7】クライアントの強みを探る

【テンプレートその8】社員に関する質問

【テンプレートその9】経営環境に関する質問

【テンプレートその10】中期的な経営計画に関する質問

この10のテンプレートを使いこなすことができれば、あなたは
社長の相談相手(エクゼクティブコーチ)のポジションを獲得
することができます。

そうすれば、あなたの顧問料単価は大幅にアップするのです。

しかし、テンプレートが入手できたからといって安心しては
いけません。

まだ全体像を少しお伝えしただけですから、これだけでは
あなたがテンプレートを正しく活用することは難しいのでは
ないかと心配をしております。

テンプレートの項目は相互に関連していますので、内容を深く
理解していないと質問のポイントを外してしまうこともあります。

また、相手の反応によっては質問の仕方を微妙に変えなければ
ならないこともあるでしょう。

さらに、しっかりと質問ができたとしても、ただ聞きっぱなし
という訳にもいきません。

ヒアリング内容を整理してアウトプットしなければなりません。
いったい、どんな資料にまとめて報告をすれば良いのでしょう?

こうした疑問や不安を解消するためには、やはりある程度の
トレーニングが必要になると思います。

そこで、私の方で以下の講座をご用意させていただきました。

 4月21日(金)開催 企業概要ヒアリング講座
 http://www.2step-sr.jp/article/businesshearing2017.html

この講座では、テンプレートの具体的な使い方をご説明して、
実践のトレーニングとして参加者同士でロープレを行っていただき
ます。

そうすることで、現場での社長とのやりとりがリアルにイメージ
できるようになります。

さらに、ヒアリングした内容からアウトプットを作成することが
できるように、以下の書式(ひな形)もご用意しました。

 ★取引フローチャート
 
 ★経営理念

 ★経営方針

 ★人事方針

 ★経営環境

 ★中期計画

想像してみて下さい。

あなたがこれらの書式を提供することができたら、社長にどれ程の
価値を感じていただくことができるでしょうか?

 30万円、50万円?
 いや100万円出していいのでコンサルして欲しい!

そんな経営者があなたの前に行列を作るかもしれません。

本講座に参加して、あなたもエクゼクティブコーチとしての第一歩
を踏み出してみませんか?

 魔法のテンプレートで社長と経営の話ができるようになる講座
 http://www.2step-sr.jp/article/businesshearing2017.html

残席わずかです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加