社長と会話をするための【魔法のテンプレート】について公開を
しております。

これまでは、以下の9つのテンプレートについてお伝えをして
きました。

【テンプレートその1】事業内容をヒアリングする

【テンプレートその2】社長のヒストリーを聞く

【テンプレートその3】社長の役割を確認する

【テンプレートその4】経営理念、経営方針、経営戦略を聞く

【テンプレートその5】顧客について確認する

【テンプレートその6】競争環境について聞く

【テンプレートその7】クライアントの強みを探る

【テンプレートその8】社員に関する質問

【テンプレートその9】経営環境に関する質問

いよいよ今回が最終テンプレートになります。

なお、ここでご紹介した「10のテンプレート」の実践的な活用方法
について学びたい方は、以下の講座にご参加下さいね。

4月21日(金)開催 企業概要ヒアリング講座
http://www.2step-sr.jp/article/businesshearing2017.html

では、本日は【テンプレートその10】を公開します。

最後のテンプレートは、「中期的な経営計画に関する質問」です。

昨日は、「社長は未来に生きている」という話をしました。

そして、未来に生きている社長は、将来のビジョンをしっかりと
持っています。

ただ、それは「なんとなく」「ぼんやりとした」ものである場合が
多いのです。

具体的な数値を時間軸に落として考えている社長は少数派です。

今回のテンプレートは、それを明確にするお手伝いをするための
質問になります。

・将来どんな会社になることを目指しているのか?

・3年後、5年後にはどのような状態になっていたいのか?

・そのときに、会社の規模や商品構成はどうなっているのか?

・それを実現するためには何が最も重要だと考えているのか?

このような質問を投げかけることによって、将来の方向性(ビジョン)
や中期的(3~5年後)の経営目標が明確になります。

目標というのは、『何を』『いつまでに』『どのレベルまで』を
はっきりさせたものを言います。

そして、目標というのはビジョンに向かっていくための一里塚
(マイルストーン)としての役割があります。

一つの目標を達成したら次の目標を定め、それを繰り返す。
目標達成を積み重ねることで、ビジョンが実現できる。

そのような仕組みになっています。

ビジョン=目的
目標達成=手段

といっても良いかもしれません。

さらに、目標(いつまでに、何を、どのレベルまで)を明確にする
ことによって、現状とのギャップが認識できます。

そのギャップを埋めるために、具体的に何をすればよいのかという
アクションプランが導き出されます。

上記の質問は、これを社長の頭の中で強制的に行わせるような
仕掛けになっているのです。

ですから、あなたが社長に質問を投げかけるだけで、社長は自分で
考え、自分で答えを見つけ、自分で行動してしまいます。

行動した結果について、今度は振り返りの機会を設けます。
行動すれば必ず何らかの結果が得られます。

そして、その結果には必ず原因があるのです。

成功したのであれば成功した原因が、失敗したのであれば失敗した
原因があります。

それを次の計画や行動に生かしていきます。
これが、いわゆる「PDCAサイクル」ですね。

そう、社長の相談相手のポジションを獲得するということは、
社長がPDCAサイクルを廻すためのコーチ役になるということです。

つまり、あなたの役割はエクゼクティブコーチです。
だから、高額な報酬が得られるのですよ。

さて、これまで10回にわたってお届けしてきましたこのシリーズも
今回で終了となります。

本シリーズの連載にご興味をお持ちいただいた方は、以下のページを
ご覧いただき、講座にご参加をいただければ幸いです。

魔法のテンプレートで社長と経営の話ができるようになる講座
http://www.2step-sr.jp/article/businesshearing2017.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加