社長と会話をするための【魔法のテンプレート】について公開を
しております。

【テンプレートその1】事業内容をヒアリングする

【テンプレートその2】社長のヒストリーを聞く

【テンプレートその3】社長の役割を確認する

これまで上記の3つについて解説をしてきました。

社長と会っても何を話せばよいかわからないと悩んでいた人も、
『このテンプレートがあれば、自分も社長と話しができる』
と感じはじめているのではないでしょうか?

実は、その通りなんです。

社長と会話をするためのポイントは、こちらが一方的に話しを
する必要はなく、適切な質問を投げかけることで社長に話しを
してもらうだけで良いからです。

ただし、会話を弾ませるためには、相手が聞いてもらいたいこと、
話しをしたいテーマについて、理解をしておくことがとても大事
なのです。

このことさえ理解できれば、もう社長との会話を恐れる必要は
ありません。

それでは、引き続きテンプレートの解説をしていきますね。

本日のテンプレートは、経営理念、経営方針、経営計画に関する
質問です。

『おぉぉぉ~、いよいよキタたなぁ~っ!』

っていう感じではないでしょうか?

社長と経営の話をするといえば、やはりこのテーマですよね。

でも、心配はいりません。

経営理念、経営方針というと少し難しい感じに聞こえますが、
要するに『会社経営の考え方』を確認するということです。

・何のために会社を経営しているのか?
・将来どのような会社にしたいと思っているのか?
・そのために大事にしている価値観は何か?

このような質問を投げかければ大丈夫です。

ただ、これはかなり本質的な質問になりますので、これまでの
会話を通じて社長との信頼関係が構築できていることが前提と
なります。

別の言い方をすれば、テンプレート1~3までは、この質問を
するためにあったとも言えるのです。

経営者としてのあり方(Being)を問う質問ですからね。
【魔法のテンプレート】の中でも、一番重要な質問になりますので、
ここが正念場ですよ。

反対に、社長と経営理念や経営方針、経営計画を共有することが
できれば、あなたは「社長の相談相手」のポジションをがっちりと
掴んだことになるのです。

経営理念というゴールを共有することができたということは、
そこに向かって一緒に進んで行く仲間として認識してもらえる
からです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加