社長と会話をするための【魔法のテンプレート】について公開を
しております。

【テンプレートその1】事業内容をヒアリングする

【テンプレートその2】社長のヒストリーを聞く

これまで上記の2つについて解説をしてきました。

本日は【テンプレートその3】です。

それは、『社長の役割』について確認する質問です。

もちろん、社長ですから会社を経営することが役割であることは
言うまでもありません。

しかし、ここで確認をしておくべきことは、いわゆる経営以外で
社長がどのような役割を担っているかということです。

ここで「いわゆる経営」というのは、経営方針や経営計画を立てる
ことの他に、資金繰りや人の管理・採用など管理部門の仕事も
含みます。

「それ以外のこと」というのは、次のような仕事(役割)です。

・営業
・マーケティング
・商品開発
・技術開発
・現場仕事(サービス提供)

中小企業というのは、社長の力で会社が成り立っている場合が
ほとんどです。

なので、社長が現場仕事をやって自分で売上をあげている場合も
少なくありません。

これは悪いことではありませんが、別の角度から考えると、社長が
いなくなってしまったら会社が回らなくなってしまうというリスク
を抱えているということです。

実は、ここに社長の悩みがあるのです。

社長はこのことを理解していますから、何とか自分の分身のような
人が欲しいと考えているのです。

しかし、中小企業においては、なかなかそのような人材を採用したり、
教育することができません。

まずは、こうした社長の悩みや問題意識を共有することです。
今回のテンプレートは、そのための質問になっています。

いつまでも自分が現場をやっていてはダメだと思いながらも、
なかなか自分の仕事を任せられる人がいない。

これが社長の悩みです。

この問題を解決してくれる人がいるのであれば、かなりのお金を
支払っても良いと思っています。

だから、もしあなたがそのポジションを獲得することができたら、
高額な報酬を得ることができるのです。

そこまでは無理だとしても、この質問を通じて社長と悩みが共有
できるだけでも、社長との信頼関係が高まることは間違いありません。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加