企業に勤めている人(ビジネスパーソン)というのは、ある意味、
自分の時間を提供してお金(給料)をもらっています。

これは、「時間でお金を買っている」と言えるでしょう。

もちろん、これは悪いことではありませんし、日本においては
会社に勤務している人の方が圧倒的に多いのも事実です。

しかし、経営者になったら、この発想は捨てなければなりません。
経営者であれば、「お金で時間を買う」という考え方を持つべき
です。

なぜなら、「時間は有限」「時間は貯金ができない」からです。

ですから、この時間という限られた資源をどれだけ有効に活用する
ことができるかというのが、経営者の最重要な仕事でもあるのです。

優秀な経営者は例外なく、時間をできるだけ効率的に使うために
さまざまな工夫をしています。

たとえば、移動手段にタクシーを使うのもそうです。
タクシーであれば車内で電話をすることもできますから、そこで
仕事をすることができます。

しかし、電車での移動ではそうはいきません。
新幹線のグリーン車もそうですね。

グリーン車だろうと自由席だろうと、移動にかかる時間は同じです。
では、なぜ経営者はグリーン車に乗るのでしょうか?

それは、車内で仕事をしたり、あるいは次の仕事に向けてゆっくりと
身体を休めることができるからです。(そうすることで、結果として
仕事の効率が良くなります)

だから、これも「お金で時間を買う」行為なのです。

このように、成功している経営者というのは「時間」の重要性を
理解して、お金を使ってでも時間を買う工夫をしているのです。

さて、「社労士事務所の経営者」であるあなたはどうでしょう?

職員を雇うのがもったいなので、カンタンな書類作成や届出業務を
自分でやってしまっていませんか?

それは、「時間を売ってお金を買う」ことですよ。

「お金で時間を買う」ためにも、職員を雇うことをお勧めしたい
と思います。

ところで、こちらの講座も「お金で時間を買う」話です。

◆助成金を活用した賃金コンサルビジネス講座
http://seminar.zenshuren.net/consulting201703.html

書籍や安価なセミナーに参加すれば、賃金コンサルのノウハウを
独力で身につけることもできるかもしれません。

でも、それには膨大な時間がかかってしまいます。

きちんと体系化できるまでは、3年ぐらいかかるでしょうね。

その間に、ビジネスチャンスがなくなってしまう可能性もあります。
だから、「お金で時間を買う」とういう発想を持っていただきたい
のです。

以下の講座にご参加いただければ、たった2日間で賃金コンサルの
ノウハウをマスターすることができます。

◆2日間で賃金コンサルノウハウをマスターする講座
http://seminar.zenshuren.net/consulting201703.html

しかも診断・分析ソフトや設計ソフトなどのツールまで手に入れる
ことができるのです。

あなたが自分で開発するとなると、どの位の時間がかかりますか?
(たぶん、時間をかけても開発できないかもしれませんよね?)

社労士開業18年、人事コンサルタントとして活動して15年の私が、
これまでの知識と経験のすべてを注ぎ込んで開発した貴重な
ノウハウを、たった2日間で学ぶことができる講座です。

このノウハウを開発するのに私が投じたお金は、おそらく1000万円
を超えているでしょう。

でも、あなたはそんな遠回りをすることはありません。
講座に参加していただくだけで、そのノウハウを非常にリーズナブル
な料金で手に入れていただくことができるからです。

この講座に参加するという決断ができる人こそ、「お金で時間を買う」
という経営者マインドをお持ちの方だと思います。

◆経営者マインドをお持ちの方のための賃金コンサル講座
http://seminar.zenshuren.net/consulting201703.html

受付修了まで、あと4日(3月12日終了)です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加