今週は、『働き方改革とビジネスチャンス』というテーマで
お届けをしています。

2月13日と20日に大坂と東京で開催したセミナーの内容を、
ダイジェストでお伝えします。

昨日は、社員区分の72パターンについて公開をさせていただき
ました。

◆社員区分の72パターンとは?

このビデオをご覧にいただいただけでも、働き方改革に大きな
ビジネスチャンスがあることが、おわかりいただけたと思います。

しかし、働き方改革のビジネスチャンスはそんなものではありません。
もっともっと、大きなビジネスチャンスがあるのです。

それが、賃金コンサルビジネスです。

なぜ、働き方改革で賃金コンサルなのか?
それは、社員区分と労働条件はセットで考えるべきものだからです。

これからの社員区分というのは、時間軸と仕事軸の2つで考える
必要があります。

これらの要素を組み合わせると、理論上72種類の社員区分になる
ことは、上記のビデオでご説明しました。

もちろん、72種類のすべてのパターンを導入する企業はないと
思います。

しかし、このような考え方を持つことが大事なのです。

これまでの社員区分というのは、契約期間の有無と労働時間の長さ
だけで決まっていました。

しかし、これからは労働時間の柔軟性や勤務地や職務の柔軟性という
要素も考慮しなければなりません。

このような視点に立って社員の区分を決めたら、それぞれの区分ごと
にどのような労働条件を設定するのかを考えます。

そして、労働条件の中でも一番重要なのが【賃金】です。

ここに賃金コンサルのニーズがあるのです。

それだけではありません。

働き方改革で議論をされている以下のテーマのすべてが、
賃金制度の見直しを伴うことになる話なのです。

・長時間労働の是正
・非正規社員の待遇改善
・高齢者の活用
・女性の活用
・多様な働き方の導入

働き方改革と賃金制度の見直しについては、以下のビデオで詳しく
解説をしておりますので、こちらもぜひご覧下さい。

◆賃金コンサルビジネスに商機あり!

____________________________________________________________

<本日のワンポイント動画>

今週(2月27日~3月3日まで)はお休みとさせていただきます。

____________________________________________________________

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加